読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、西洋諸国を移動中。

事務手続き 海外転出届けについて

http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

海外に長期に滞在する場合、難しそうな事務手続きがあります。 ( ´ - д - )-3

f:id:nekontan:20160104183357j:plain

「海外転出届け」=「住民票を抜く」について調べました。

 

住民票を抜く?抜かない?どちらが得なのかな。
住民票があると、日本にいないのに、住民税や国民健康保健を支払わないといけません。
毎年、1月1日に住民票がなければ、その年度の住民税の支払い義務はなくなります。
ただし、国民健康保険も払わなくなるので、病院を受診すると全額自己負担になります。

 

住民票を抜く利点
・住民税を払わなくて済む。

 

住民票を抜く欠点
国民健康保険がなくなるので、一時帰国した時に病院に受診すると全額実費になる。

・帰国した後に、再度転入届をしないといけない。

 

私の場合・・・

持病を持っているので、国民健康保険が無くなるのは正直不安です。
しかし、住んでもいないのに住民税を払うことに抵抗があり、住民票を抜いていきます。(¯―¯٥)

 

住民票を抜く方法=海外転出の方法
住民登録窓口にパスポートを持参し移動届に記入するだけです。
出国予定の2週間前から、受け付けしてくれます。

帰国後は、改めて海外からの転入届けをしましょう。

 

★今日のまとめ★
住民票を抜く抜かないには利点と欠点があるので、よく考えて判断しましょう。

f:id:nekontan:20160104183357j:plain