Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、中欧、東欧を徘徊中。

クイーンズダウン2日目 アロータウンに行ってきました。

http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

少しでもクイーンズタウン市内の雑踏や喧騒から離れたいので近郊のアロータウンに行ってきました。

アロータウンは19世紀にゴールドラッシュに沸いた町です。

   f:id:nekontan:20160327153250j:plain

   f:id:nekontan:20160327153319j:plain

朝早くに出発したので、山に朝日が映えますね。ほんと、絵になる〜(n´v`n)

アロータウンまで公共のバス(Conecta bus)に乗っていけます。

アロータウンまでのアクセスの仕方は最後にまとめます。

   f:id:nekontan:20160327153537j:plain

1800年代を思わせるアロータウンのバス停。10時ごろに到着したので、観光客もいなくてとっても静か。これを求めていたのだ。

   f:id:nekontan:20160327153725j:plain

夢やぶれた残骸も展示されています。

   f:id:nekontan:20160327153756j:plain

アロータウンは小さな町なので、ぐるっと歩いて回れるぐらいです。

   f:id:nekontan:20160327153927j:plain

商店街とは逆方向に歩くと、並木道が美しいです。

   f:id:nekontan:20160327154038j:plain

   f:id:nekontan:20160327154138j:plain

これは当時の留置場です。ゴールドラッシュで人があふれかえったけど、警察や警官が最初はいなかったので無法地帯だったらしい。

その後、3人の警察官が配備されて、このような留置場もできたそうです。
鍵がかかっていましたが、中が見たければ中心部のツーリストインフォメーションで鍵を借りられるそうです。
(だるいので私はスキップしましたが。本当なら大好きスポットなんですけど。)
留置場は、かわいい四角い建物でした。監獄とも思えない感じですね。

   f:id:nekontan:20160327154317j:plain

隙間から写真を撮ってみました。監獄ではなく、留置場なのでただの牢屋という感じ。

   f:id:nekontan:20160327154430j:plain

すぐ近くにあるMary Mackillop Cottageに行ってみました。

修道女のMaryさんが布教活動をするために建てた教会と、彼女の姉妹たちが住んだコテージが展示されていました。コテージは修復されたものです。
もともとはニュージーランド出身の方ではなく、異国の出身ですが布教活動のためにアロータウンに来られたそうです。そうとう苦労されたと思いますね。無法地帯ですから。

   f:id:nekontan:20160328054114j:plain

このコテージもかわいいですね。内装も復元されています。
左のマネキンが気になりますが、先にSister Maryさんを紹介します。

   f:id:nekontan:20160328054148j:plain

修道女だけあって、上品な方ですね。優しそうですね、そして芯が強そうですね。
こういったかっこいい女性に憧れます。

   f:id:nekontan:20160328054229j:plain

そして、これがレプリカ。妖艶なですね。本人とは全く、印象が異なります。

   f:id:nekontan:20160328054333j:plain

これは隣の教会です。こういった質素な内装の教会は大好きです。
ごてごてしたのはちょっと。。。

   f:id:nekontan:20160328054434j:plain

アロータウンは小さな町ですが、他にも見所があります。
ゴールドラッシュの時に中国人が金を求めてやってきて、中国人居住区を作ったそうです。その、中国人居住区が再現されて、公開されています。

ひょっとしたらオリジナルかもしれません。

説明書きをあまり読んでいないので、よくわかりません。
ただ、彼らはあまり歓迎されなかったという内容は読み取れました。

   f:id:nekontan:20160328054459j:plain

これは、家の内装です。寒さが厳しいこの地方でこの家では凍えますね。

   f:id:nekontan:20160328054541j:plain

小さな家が点在していて、まるでホビット庄の様です。
そうだ、ここはニュージーランドでした。

 

アロー川沿いをバスの主発時刻まで時間があったので、アロー川沿いを散歩しました。
ここ、アロータウンも観光地化されていて、観光客でいっぱいです。
往年のゴールドラッシュに沸いた町は、今では観光客で沸いていました。

 

〜アロータウンへの行き方〜

クイーンズダウン全体の物価も高く、バスの初乗りは6N$(453円)と驚異的です。
さらにアロータウンまでは片道15N$の特別価格です。往復で30N$(2268円)となりますね。。。

1)直通でいく方法
QueenstownのO'Connells Mall前のバス停から8番のコネクタバスに乗る。
この8番は本数が少ないので乗り過ごすとダメージ大です。
チケットは運転手さんから直接購入してください。レシートと撮り忘れない様にしてください。
Arrow townは終点なので、みんな降りるので降り過ごすということは無いと思います。
乗客が自分一人の場合は、運転手さんにArrowtownで降りるということを伝えた方がいいでしょう。車内のアナウンスは無いので気をつけてくださいね。

 

2)乗り継ぎでいく方法
QueenstownのO'Connells Mall前から11番のバスに乗る。
11番のバスは15分おきに頻発。途中のFrankton bus Shelterで下車。
10番のArrowtown行きに乗車。10番のバスも1〜2時間に1本なので乗り過ごさないようにして下さいね。

   f:id:nekontan:20160328054904j:plain

↑フランクトンのインターチェンジ。右のかけおち風カップルが気になりますね。

   f:id:nekontan:20160328054818j:plain

コネクタバスのArrowtown行き。

11番は大型のローカルバスですが、Arrowtown行きのバスは小さなマイクロバスです。

Arrowtownで実際にゴールドラッシュの様子を知りたいなら博物館に行った方がいいでしょう。入場料10N$なのでスキップしましたが、他に見所は少ないのでお財布に余裕があるなら行ってみてください。

 

今日も最後まで読んでくれてありがとう。
ただいまのBGM スターバックスBGM。