読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、西洋諸国を移動中。

タウポの宿とマクドナルドの紹介。

http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

タウポ→オークランドに移動したので、今日は、タウポの宿の紹介です。

taupo urban retreat(タウポアーバンリトート))

4人 混合ドミトリー 専用バス 専用シャワー ホテルズドットコム経由で予約。
4泊 8492円 1泊 2123円

 

長所
・立地。セントラルまで徒歩数分。
・安い。
・二段ベッドの下に各自で荷物を保管できる引き出しがある。
・キッチンの器具はまあまあ揃っている。
・フリー食材が多い。フリーの調味料も多い。バッパーがどんどん食材を置いていく。

   f:id:nekontan:20160413153805j:plain

   f:id:nekontan:20160413153845j:plain

   f:id:nekontan:20160413153846j:plain

 

短所
・汚い。衛生水準が低いというレベルでは無く、単に掃除が行き届いていない。
床には髪の毛、トイレの隅っこには埃と髪の毛、テッィシュのちぎりカスなどたくさん。
・うるさい。典型的なバッパー宿。宿泊施設の廊下挟んで隣がバーなのでEvery night Party。
・キッチンにハエがぶんぶん。慣れたけど。
・タオル有料。
Wi-Fi有料。ただし、ロビーのインターネットは無料で使える。
・Kiwi experienceとコネクションあり。→数日でどんどん人が入れ替わる。

      f:id:nekontan:20160413153657j:plain

      f:id:nekontan:20160413153723j:plain

   f:id:nekontan:20160413153849j:plain

   f:id:nekontan:20160413153851j:plain

ドミトリーの居心地は、『利用者の質によるのだ』とわかってきた。
宿が汚かろうが、少々立地が離れていようが、同室者に居心地は左右される。
これはもう、祈るしかない。

金曜日の夜に同室者3人は飲んで騒いで、深夜2時に帰宅。当然、叩き起こされた。

もう一度泊まりますかの質問には、『No』です。

 

ホテルズドットコムや宿のHPに全室数が乗っていない所もあるし、情報が不十分、盛りすぎの写真に怒りを覚えます。


宿泊施設提供の写真は、ウソ、イツワリ、オオゲサです。Trip advisorの利用者側の写真も見てから、宿泊を決めていますが、チェックが行き届かないときもあるし。。。

静かで、居心地の良いバッパー宿の探し方があるなら、知りたいよ。

 

おまけ情報 タウポのマック
タウポの町ガイドをみていて、マクドナルドに是非行ってみてという広告をみました。
宿のすぐそばなので、行ってみました。

確かに、面白い。

   f:id:nekontan:20160413154112j:plain

マック自体もカフェエリアと普通のマックにカウンターが分かれています。

ちなみに、私、昔マックでバイト経験ありです。(←どうでもいいか。。)
タッチパネルでオーダーできるシステムが初めてみました。当然、カウンターでオーダーのできます。

海外旅行でマックは必ず行くのですが、このシステムはニュージーランドで初めて見ました。どの国でも、マックは人気で長蛇の列です。

このシステムならカウンターで長蛇の列に並ばなくても良いという利点があります。

カフェもマッフィン、パイ、ケーキ、マカロンなど普通のマックカフェには無いアイテムあります。特に、パイはスコットランド移民の国のなのか、いろんなパイの種類がありました。
そして、自分の好きなバーガーをカスタマイズできます。
バンズはこれ、ミートはこれ、トマトを入れるとか入れないとか、選択肢もたくさんあります。

   f:id:nekontan:20160413154137j:plain

圧巻は、子供のパークエリアに飛行機が飾られているというポイント。
キッズエリアなので入りませんでしたが、歩道を歩いてても目立つ、目立つ。

入っただけなので商品の味はわかりませんが、Wi-Fiは無料なので、タウポで外食の際にはマックも考えてみてね。(無料のWi-Fiを利用するには、ショートメール経由で認証が必要ですよ。)

 

今回も最後まで読んでくださり感謝です。

ただいまのBGM 『I Was Brought To My Senses』Sting