読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、南米を南下中。

オークランド2回目 5日目-1 デボンポート観光(町歩きと博物館)

ニュージーランド
http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

今日は、ちょっとしたショートトリップです。
オークランド中心地から海を隔てて、反対側のデボンポートに行ってきました。

オークランド周辺には離島がたくさんあって、そちらの方がショートトリップ気分を味わうことができるのですが、時間と金額的な問題で断念しました。

デボンポートもオークランド市内から陸続きなので、船なんか使わなくてもローカルバスでアクセスできます。ショートトリップ気分を出すためにあえて船を選択しました。

 

オークランドのフェリーターミナルは乗り場が4つあります。

   f:id:nekontan:20160420181712j:plain

かなり規模が大きく、写真のような豪華客船も停泊していました。
数日で飽きるんだろうけど、豪華客船の旅も憧れますね。

でやっぱり、港とえばこのポーズです。

   f:id:nekontan:20160420181745j:plain

チケットを購入して、出発を待ちます。デボンポート行きは30分に1本と頻発しています。この時期はシーズンオンなので、かなり乗客が多いです。
特に、午後のデボンポート→オークランド市内の便はギューギューでした。

   f:id:nekontan:20160420181904j:plain

乗船時間10分(短っ)で到着。あっさりしたものです。

   f:id:nekontan:20160420181932j:plain

船内にはちょっとした売店がありました。10分で何を買えっちゅうねん。
船着場も綺麗に整備されています。花壇の花も満開できれいですね。

   f:id:nekontan:20160420181959j:plain

船着場の中にもレストランやカフェがたくさんあります。
そして、デボンポートも観光地です。

   f:id:nekontan:20160420182042j:plain

メインストリートは観光客向けのカフェ、土産物、アイスクリーム屋さんなどが軒を連ねています。

デボンポートで訪れるべき場所(私が勝手に)ランキングです。
①デボンポート博物館
②海軍博物館
③North Head
④デボンポートチョコレート
で、この通りに散策開始です。観光の鍵になるのは、デボンポート博物館です。

   f:id:nekontan:20160420182200j:plain

開館時間が短いので、最優先で行くことにしました。

訪問日は火曜日なので10-12時の2時間の間にいかなくてはいけません。急げ~。

どの道にも名前がついてて、交差点では必ず通りの名前が書かれているので、迷いません。デボンポートも他のニュージーランドの街と同様に坂道が多いです。

   f:id:nekontan:20160420182319j:plain

博物館の看板の下に、Openって書いてある。良かった。

   f:id:nekontan:20160420182357j:plain

      f:id:nekontan:20160420182359j:plain

博物館周囲も手入れの行き届いた公園みたいになっています。遊歩道もあるので、散歩にはうってつけ。そして、入場料は無料です。良心的。

    f:id:nekontan:20160420182515j:plain

デボンポートの歴史を伝えるとともに、生活史的な展示、医療に関するもの、教育に関するものなど展示物は充実しています。

   f:id:nekontan:20160420182542j:plain

赤ちゃん用の体重計。レトロですね。

   f:id:nekontan:20160420182545j:plain

これは、足のレントゲン撮影に使う機器です。ちなみに足を突っ込んでます。

   f:id:nekontan:20160420182747j:plain

これは、素敵な内装の家。

   f:id:nekontan:20160420182825j:plain

実は、ミニチュアなんです。この矢印のところから写真をとりました。
とっても、細かくてクオリティの高いミニチュアです。

       f:id:nekontan:20160420182854j:plain

玄関から写真ととってみました。突き当たりに鏡台があります。

私もドールハウス作りでもしてみようかな。

    f:id:nekontan:20160420182935j:plain

これも、別のミニチュアのリビング。

   f:id:nekontan:20160420183030j:plain

裏庭もあるんですが、家に比べると、少し質が落ちる。特に、木。
これでは、緑の綿菓子です。

    f:id:nekontan:20160420183118j:plain

展示も手作り感が満載で、それが親しみを感じさせます。
派手な映像も、3D画像も無いけど、工夫して展示しているところに感心します。

   f:id:nekontan:20160420183210j:plain

   f:id:nekontan:20160420183216j:plain

戦争コーナーにはナチスを風刺するジグゾーパスルが置いてました。
こんなおもちゃで遊んでいると、子供達は自然と反ナチ、反ファシスト思想になるのでしょうか。開館時間が短いけど、1時間もあれば十分見られると思います。

 

デボンオートは見所が多くて、1回ではアップしきれず。

後半をお楽しみに!!

ただ今のBGM 『Englishman In New York』Sting