読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、中欧、東欧を徘徊中。

オークランド2回目 5日目-2 デボンポート観光(海洋博物館、North Head)

http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

デボンポート博物館から、今度は海沿いの海軍博物館に移動です。

   f:id:nekontan:20160421145200j:plain

フェリー乗り場からも徒歩15分ぐらいでアクセスできます。
坂道が多い、オークランドですが、海岸伝いに歩けば坂道はなく楽ちんにアクセスできます。入場料は無料です。

   f:id:nekontan:20160421145205j:plain
入り口に飾ってあった、マスコットの犬?目が強烈です。
フラッシュを使わなければ、館内の撮影は可能です。

   f:id:nekontan:20160421145246j:plain

兵士の寝室の再現です。ベッドも狭いし、ゆれるのでおっこちないようにベルトが備え付けられてます。こんなんで、寝れる方がすごい。
よく、どこでも寝れる人っていますが、私は真逆です。
環境を整えて、寝る前の儀式をしてというのでなければ、寝られません。

   f:id:nekontan:20160421145251j:plain
第二次世界大戦後の日本人向けの英語の単語帳です。
『英語早わかり』タイトルがいいですね。
私もこれがあれば、もっと言葉がわかるかな?

 

感心したのが、このミニチュアです。

   f:id:nekontan:20160421145333j:plain

   f:id:nekontan:20160421145337j:plain

これは、戦艦の形を模したもので、船影と見比べて、敵なのか、味方なのか判断する用なのです。船を見つけたからってすぐに攻撃せずに、相手が一体何者なのか確認してから攻撃するためのものなのです。

あとは、大戦に勝利した記念の品とか、メダルや階級章など展示されてました。

海軍に限定した展示なので、ちょっと説明内容も専門的で難易度が高かったです。

   f:id:nekontan:20160421145540j:plain

最近の動きとしては、世界の平和に対する働きを紹介していました。紛争の解決や、人道的支援、または南極観測のサポートなど行っているようで、紹介されていました。

カフェも併設されていて、海からのオークランドの景色も良好でくつろげますよ。

 

博物館見学後は、その上にあるNorth Headに行ってみました。
第一次、第二次世界大戦中の要衝の要だった場所です。今も、塹壕や砲台の後が、大切に保存されています。

   f:id:nekontan:20160421145756j:plain

これが入り口です。North Headこっち的な看板も所々あります。

   f:id:nekontan:20160421145750j:plain

これが施設の地図です。黒く塗られているところが、元軍関係施設というわけ。

   f:id:nekontan:20160421145915j:plain

早速4インチの砲台を発見。子供がまたがったりして遊んでました。

   f:id:nekontan:20160421145946j:plain

そして、これが地下壕の入り口です。

地図らしきものがあったので、記録用の撮影をしました。

   f:id:nekontan:20160421150024j:plain

本当に真っ暗です。とても1人では入れません。

子供連れの家族の後に、くっついて入りました。(←姑息)

子供は準備万端で、懐中電灯を持っています。i phoneのライトだけでは不十分。

暗いの狭いの怖いよ〜の世界です。(←ちなみに、弁天のファンでした。わかる人います?)

      f:id:nekontan:20160421150138j:plain

やみくもにフラッシュを光らせて撮ってみました。
端っこに何か写っててもおかしくないですね。ほら、軍関係の施設だしね。。。
気味が悪いので、すぐに退散です。

   f:id:nekontan:20160421150227j:plain

   f:id:nekontan:20160421150231j:plain

こんなのがあったり、観察所みたいなのがあったり、、、
頂上に到着です。下からゆっくり登っても15分ぐらいかな。

   f:id:nekontan:20160421150316j:plain

   f:id:nekontan:20160421150323j:plain

宿舎の中には、石造りのキッチンが保存されていました。
第一次世界大戦中のレーションは、肉、パン、ジャガ芋、水がそれぞれ何オンスっというものらしい。

   f:id:nekontan:20160421150439j:plain

時代とともに、味と保存期間、栄養素、食べやすさが改善されたそう。

   f:id:nekontan:20160421150359j:plain

途中でセグウェイツアーの人たちとすれ違いました。
一度、セグウェイに乗ってみたい。どんな感覚なのでしょうか?

   f:id:nekontan:20160421150507j:plain

猫のアビシニアンにも遭遇。ちょっとすました感じの仔でした。

   f:id:nekontan:20160421150531j:plain

ビーチから見たNorth Head、丘ですね。

   f:id:nekontan:20160421150538j:plain

このデボンポートにも死火山があって、ビーチ沿いも溶岩石でごつごつしています。

市内の中心部にデボンポート図書館があり、ここの敷地内の木が大きい。

   f:id:nekontan:20160421150632j:plain

もう、大きいというレベルでは無いです。
とっても気になったので図書館の係の人に尋ねたら、樹齢130年(←意外と若い)のイチジクの木だそう。この木、枝が長くそして太くなりすぎて、その重みで折れてしまわないように、木自身が枝から真下の地面に向けて枝がのびてるんです。
着物の振袖状態になってて振袖の部分から、地中に根が生えてるんです。
木にも意思があるのかもしれないと感じました。こんなに大きいのにたったの130才にびっくりです。

   f:id:nekontan:20160421150719j:plain

   

船に乗る前に、デボンポートで有名なデボンポートチョコレートにも行ってみました。歩き方にも載ってます。どうも、支店が宿近くのPonsonbyにあるらしいのですが、せっかくなので本店で買いたいよね。

この日の気温は26度で日差しもきついので、チョコレートを買って帰るのはあきらめ、ホットチョコレート(3.5N$)にしました。でも、やっぱりホットチョコレートなのです。

   f:id:nekontan:20160421150724j:plain
チョコレートは1個2.5-4N$とやや高額。
ホットチョコレートは濃厚で喉が痛くなるぐらい。でも、甘さは控えめです。洋酒が入ってるのか、少し大人の味です。

 

午後の船は大混雑でした。早めに行ったとしても列も無いし、順番もへったくれも無いカオス状態なのでぐいぐい行った方がいいよ。
時間があれば、ティリティリマタンギ島に行きたかったのですが、そうそうツアーに参加していると金欠が加速するので控えました。

   f:id:nekontan:20160421150915j:plain

今回も最後まで読んでくださりありがとうございます。
ただ今のBGM 『Electric Stome』U2