読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、西洋諸国を移動中。

サウスダコタ州 De Smet 2日目 ガイドツアー前編

http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

前回に続いて、サウスダコタの田舎町De Smetの観光2日目のレポートです。

今日のイベントはIngalls sosiety主催のガイドツアーで、10:00と14:00の1日2回開催されます。

   f:id:nekontan:20160503044909j:plain

昨日予約した14:00に参加することに。
参加者は私一人。。。マンツーマンで英語の語学力が試されます。

ガイドさんも慣れたもので、簡単な単語で上ゆっくりと手に説明してくれます。

ガイドはインフォすぐ隣の建物の紹介から始まりました。

   f:id:nekontan:20160503045009j:plain

インフォ横の建物は、かつてインガルス一家が住んでいた家(多分オリジナル)だそう。

   f:id:nekontan:20160503045059j:plain

入り口すぐのこの部屋はチャールズ父さんとキャロライン母さんの部屋。

   f:id:nekontan:20160503045127j:plain

2階は子供達の部屋。階段が随分痛んでいるらしく、登ることはできませんでした。
でも、大型の鏡を置いていて、うまく上の階が見える様に工夫していますす。
キルトのビッドカバーが可愛いですね。

       f:id:nekontan:20160503045205j:plain

キッチン横の食料貯蔵庫。

   f:id:nekontan:20160503045228j:plain

この時計は当時のオリジナルだそう。

      f:id:nekontan:20160503045254j:plain

子供達が作った、三角コーナーや、デコレーションもそのままとのこと。
100年以上も前なのに、丁寧に保存されていますね。

   f:id:nekontan:20160503045327j:plain

チャールズ父さんの機械類の展示です。

インフォ近くにこのような当時の建物が3軒ぐらい保存されています。

   f:id:nekontan:20160503045401j:plain

これは、De Smetにたてられた最初の小学校。ローラ、メアリー、キャリーが通っていました。

   f:id:nekontan:20160503045439j:plain

小さな机がたくさん並んでいます。

   f:id:nekontan:20160503045511j:plain

隅には当時の冬の外套が展示。今でこそ、暖かくなりましたが、当時の冬はとっても厳しかったそうです。

   f:id:nekontan:20160503045546j:plain

ガラスの向こうには、当時の壁や落書きが保存されています。小学校自体は何度も修復されたそう。

   f:id:nekontan:20160503045616j:plain

これは当時の黒板。

   f:id:nekontan:20160503045648j:plain

中央に大きなストーブが置かれていますね。

   f:id:nekontan:20160503045724j:plain

この小屋は、ローラが教師として初めて教鞭をふるった教室のレプリカです。

   f:id:nekontan:20160503045756j:plain

長い冬のシリーズで出てくる、生徒が5人の小学校です。

生活の厳しかった、1800年代後半ですが、子供達への教育もしっかりされていたそうです。学校自体は不定期で農閑期に開校されて、農業が忙しくなりはじめる頃に終了。ローラはワンシーズン、教師としての務めを終えます。

この小学校ののエピソードは、明るく楽しい大草原シリーズにしては少々暗いイメージになります。

   f:id:nekontan:20160503045907j:plain

当時の厳しい気候を考えると、仕方のないことですね。

 

次回はツアーその2『インガルス一家の晩年の家』を紹介します。
最後まで、おつきあいくださりありがとうございます。
ただ今のBGM Amtrakのアナウンス。