読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、西洋諸国を移動中。

サウスダコタ州 De Smet 2日目 ガイドツアー後編

http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

前回に続いて、大草原の小さな家ツアーの後編です。

インフォ付近のゆかりの場所から300mぐらい離れた場所に車で移動です。

ガイドさんの車の後ろについて、車を運転して付いていきます。

   f:id:nekontan:20160503093954j:plain

   f:id:nekontan:20160503094023j:plain

ここは、後年ローラが両親にプレゼントした家です。
チャールズ父さんは、あまり好きではなかったそうです。開拓者魂の持ち主ですから、こんな近代的な家は気に入らなかったのかもしれませんね。

   f:id:nekontan:20160503094226j:plain

      f:id:nekontan:20160503094244j:plain

豪華なマキストーブです。

リビングもところどころ当時の糖度品を損ねない様に部分的に修繕しています。

   f:id:nekontan:20160503094341j:plain

こんな暖かな雰囲気のお家に住んでみたいですね。

   f:id:nekontan:20160503094413j:plain

誰の部屋か忘れてしまいました。多分、キャロライン母さんだったと思います。

   f:id:nekontan:20160503094445j:plain

これはメアリー姉さんの部屋です。全盲になってしまったメアリー姉さんには2階は危険なので、1階に住んでいました。全盲とは思えないぐらい、料理や裁縫、刺繍が上手だったそうです。

   f:id:nekontan:20160503094614j:plain

点字の本が置かれていました。古くから点字があったとは知らなかった。

本来なら入れないブースもガイドさんから入って良いという許可がもらえました。

   f:id:nekontan:20160503094644j:plain

   f:id:nekontan:20160503094713j:plain

昔のキッチンですね。時代的には新しい感じがします。オーブンも近代的です。

   f:id:nekontan:20160503094759j:plain

屋内の階段は痛んでいるので、屋外の階段から2階にあがります。
2階は3女キャリーとローラの娘のローズの部屋、ローズの仕事部屋がありました。

   f:id:nekontan:20160503094905j:plain

   f:id:nekontan:20160503094904j:plain

ローズの仕事部屋は豪華でした。仕事のできるキャリアウーマンだったみたいで、彼女の様なかっこいい女性に憧れます。

   f:id:nekontan:20160503095048j:plain

ツアーは1時間30分ぐらいで終了。ただ見て回るよりもガイドツアーにしてよかったと実感しました。そして予習と復習をしててよかったとも実感。
私にとっては小さな町の大きな思い出となる1日でした。

 

〜ツアーガイド情報〜

LAURA INGALLS WILDER HISTORIC HOMESが主催しています。

http://www.discoverlaura.org/welcome.html

ガイドは10:00と14:00の1日2回催行されます。あらかじめ電話かメールをしておいた方がベターです。メールの返事はすぐに返ってきました。

所要1時間30分 大人1人12$。

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
ただ今のBGM 『All around the world』Oasis