読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、南米を南下中。

ペンシルバニア週 Lancaster,PA 2日目-3 アーミッシュツアー後半

アメリカ
http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

前回に引き続き、アーミシュツアー後半のレビューです。
前半は主に、実際のアーミッシュコミュニティをミニバンで回るという内容でした。
後半は実際にアーミッシュの人たちが使っていた家屋を観光向けに開放しているので、そこをガイドさんの説明を聞きながら見学します。

   f:id:nekontan:20160509085844j:plain

Lancaster,PAの1729年に設立されたので、かれこれ300年近い歴史があります。
アーミッシュのコミュニティもガイドさんの説明では300年ぐらい前からなので、Lancaster,PAが出来たと同時にアーミシュのコミュニティもできたのですね。日本で言えば江戸時代!!歴史が古いてすね。

   f:id:nekontan:20160509085846j:plain

ツアーはリビングから開始です。窓にカーテンがかかっていますが、色は緑で統一されています。質素が基本的な理念なので、窓辺には飾りが少ないし、壁飾りもありません。長椅子は、教会の礼拝の時に使われるそうです。一般的な教会という建物はなく、当番制で個人の家で礼拝が行われるそうです。

   f:id:nekontan:20160509085849j:plain

壁には、キルトが飾られています。

   f:id:nekontan:20160509085851j:plain

これは冬場のキッチンです。エアコンは無いので、季節によって冬キッチンと夏キッチンを使い分けていたそうです。電気も無いので、家族全員がリビングに集まって生活をするそうです。アーミシュの人たちには、特別な食事の戒律はないです。この辺はイスラムユダヤヒンドゥーとは違います。

   f:id:nekontan:20160510122938j:plain

これは夏用のキッチン。オーブンの火が家中の暖気なるので、夏用キッチンは家屋の外側に作られています。

   f:id:nekontan:20160509085854j:plain

この衣装は、主に女性の衣類です。衣類を見れば、年齢がどのくらいなのか、既婚か未婚か、未亡人かわかるデザイン。

衣類にはボタンは使われていません。ボタンの代わりにスナップを使っています。
ボタンから宝石を連想するからだそう。アーミッシュの人たちにって、ボタンは贅沢の象徴なのだそうです。普段は黒か紺色のエプロンで、教会に行く時には、白いエプロンを身につけます。

   f:id:nekontan:20160509085856j:plain

そして、ボンネットも教会ようは白です。上品ですね。

   f:id:nekontan:20160509085858j:plain

普段はこっちの黒いボンネットです。

   f:id:nekontan:20160509085901j:plain

男性は、麦わら帽か黒いフェルトっぽい生地の帽子をかぶります。

   f:id:nekontan:20160509085904j:plain

   f:id:nekontan:20160509085906j:plain

男の子の部屋です。男性の衣類です。ベルトは使わずに、吊りズボンが主流。
教会時には白いシャツに黒いズボンだそう。

   f:id:nekontan:20160509085909j:plain

夫婦の寝室です。シンプルでいいですね。

   f:id:nekontan:20160509085913j:plain

そして、これは棺桶。展示用に特別に置かれているだけです。
棺桶も質素ですね。ちなみに葬儀屋さんはEnglish(非アーミッシュの呼称)にお願いするそうです。そして、飾りも何も無い、墓標には生年月日と死亡年月日と名前のみ刻みます。

      f:id:nekontan:20160509085919j:plain

ちなみに、アーミッシュ偶像崇拝禁止なので、家族の写真が一切ありません。
代わりに、自分達の名前や誕生日を記したタペストリーを各家庭毎に作るのだそうです。家系図のようなものですね。

これで、アーミッシュ家のツアーは終了です。

   f:id:nekontan:20160509085921j:plain

この家の周囲はアーミッシュライフを再現した展示エリアになっています。

   f:id:nekontan:20160510122657j:plain

燻製を作る燻製機。

   f:id:nekontan:20160510122652j:plain
意外にもタバコ産業で現金収入を得ていたそうで、タバコの葉っぱを乾燥させる小屋です。

      f:id:nekontan:20160510122702j:plain

風車も貴重な動力源。他にも水車を回して粉挽などしていたみたい。

   f:id:nekontan:20160510122721j:plain

豚や山羊、羊、アルパカ、七面鳥など育てられていました。

   f:id:nekontan:20160510122709j:plain

   f:id:nekontan:20160509085917j:plain

   f:id:nekontan:20160510122715j:plain

これは、典型的な学校の再現ブースです。

   f:id:nekontan:20160510122727j:plain

   f:id:nekontan:20160510122734j:plain

小さな机がたくさん並んでいますね。アーミッシュのコミュニティは地区毎に区分けされていて、その区域毎に1クラス制の学校がたくさんあります。

   f:id:nekontan:20160510122736j:plain

自撮りしてみました。

   f:id:nekontan:20160510122941j:plain

黒板にはなぜか、鎌倉日本と書いてあります。多分、これ書いたのは日本人では無いのでしょうね。

   f:id:nekontan:20160510122936j:plain

撮影用のバギーが置いてあったので、これも自撮りです。これにてアーミッシュツアーは終了です。

 

ここの観光施設の横に大型ショッピングセンターがあります。
その駐車場に14番のバス停があるので、Lancaster,PAのバスターミナルに帰る事ができます。

 

今日も、最後までお読みくださりありがとうございます。
ただ今のBGM 『陽はまた昇る』Dragon Ash