読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、西洋諸国を移動中。

Washington,DC ワシントン2日目-3 National Museum of American History

http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

午前はNational museum of natural history、午後はNational museum of american historyとはしごです。

   f:id:nekontan:20160514111829j:plain

建物が隣同士なのでこのセットにしたのですがMallは広いです。隣の建物に移動するだけで数百メートル歩くことになります。

厳重なセキュリティを通過して内部に入ります。

American historyなのですが、関係なさそうな展示もいっぱいあります。

      f:id:nekontan:20160514111920j:plain

これはモハメッドアリのグローブ。歴史に関係あるっちゃあるか。。。

      f:id:nekontan:20160514112729j:plain


カールルイスのユニフォームとか。確かにアメリカの歴史に名を刻みましたね。

   f:id:nekontan:20160514111957j:plain
リンカーンデスマスク

   f:id:nekontan:20160514112034j:plain

   f:id:nekontan:20160514112038j:plain

そして、American historyというよりScienceの分野である電気の発明のブース。
こういった模型って楽しい、飽きない。

   f:id:nekontan:20160514112115j:plain

アメリカの交通に関するブース。ちょっとレトロなバスがあったり、

   f:id:nekontan:20160514112119j:plain

そのバスに観光客が乗り込んだり。

   f:id:nekontan:20160514112122j:plain

マネキンが乗り込もうとしていたり。

   f:id:nekontan:20160514112232j:plain

Easy Riderが渋滞にはまっていたり、後ろのバスがGreyhoundだったり。

   f:id:nekontan:20160514112253j:plain

アメリカの歴史の中で、鉄道は重要だね。

   f:id:nekontan:20160514112320j:plain

これは、初めてアメリカ大陸を自動車で横断した人と忠犬ハチ公のマネキン。

 

陸路から海路にテーマが変わります。
昔の船での移動は数ヶ月が当たり前なので、船の中には簡単な医療設備が整えられています。

   f:id:nekontan:20160514112352j:plain

   f:id:nekontan:20160514112428j:plain

これは、手術セットと薬箱。

   f:id:nekontan:20160514112453j:plain
そして、食料も缶詰というものが発明されて、大きく船旅の内容が変わります。
それまでは塩漬け肉とか穀物ばかりだったからね。ビタミン不足で壊血病がかなり恐れられていたわけ。

   f:id:nekontan:20160514112531j:plain

船と捕鯨は切っても切れない繋がりです。

      f:id:nekontan:20160514112549j:plain

そして何故かここに、タイタニックのライフジャケットが展示されていました。
タイタニックって不幸な海難事故だったけど、とっても惹かれます。
レオ様ファンというのもあるけど、やはり処女航海で沈没したって話題性が高いですよね。

このライフジャケットは、タイタニック沈没の情報を受けて救助に向かったカルパチア号に乗っていたお医者さんが持っていたものらしい。
そのお医者さんは、事故の犠牲者の救命にあたっていたらしく、乗客からこのライフジャケットをもらったとのこと。

   f:id:nekontan:20160514112639j:plain

むしろ、アメリカの歴史と船といえば、こちらの奴隷線でしょう。
輪切りの模型のクオリティーが低くて、もうちょっと頑張ってほしい。
国の背景を考えると、個人的にはもっともっと充実させなければならないテーマだと思うけど。。。

 

ここからは戦争関連の展示です。

   f:id:nekontan:20160514112818j:plain

   f:id:nekontan:20160514112820j:plain

簡単な指揮系統の図なのですが、これみて改めて大統領の権力の強さを実感しました。上から『大統領』と『Commander in Chief 総司令官』が国家保安委員会と防衛相を指揮してて、防衛相の下には空軍、海軍、陸軍が横並びってわけ。
実際には政治的な背景で、いろいろあるんだろうけど、大統領に権力が集中していることにあたらめて気づきました。大統領ってすごいんだな~。

   f:id:nekontan:20160514112927j:plain

      f:id:nekontan:20160514112933j:plain

ベトナム戦争はアメリカにとって深い傷になっているであろうと想像させる展示ですね。

      f:id:nekontan:20160514113033j:plain

911関連の展示があったり、、
私の中では受験勉強真っ最中の事故で、鮮明に覚えているんだけど、実際の事件が簡単に説明書きされていました。

 

それで、アメリカ大統領に関する展示エリアに突入です。

      f:id:nekontan:20160514113141j:plain

これ、通りの名前を示す道路標識なのですが、大統領の名前を関する通りってたくさんあるんですね。
個人の名前を通りの名前にしちゃうってすごいね。こういうのって公私混同っていうのかな?

      f:id:nekontan:20160514113204j:plain

これはアメリカ歴史博物館の目玉展示の一つのリンカーンのシルクハット。フォード劇場で暗殺された時にかぶっていたものだそう。よく残っていたものだ。

 

そして、大統領コーナーの次はファースレディーコーナー。

      f:id:nekontan:20160514113245j:plain

歴代のファーストレディーのドレスが展示されていました。
歴史的な流行もあるんだろうけど、ファーストレディーのセンスの有無ってドレスに出てます。
個人的にはレーガン大統領時代のファーストレディーのナンシーさんのが一番上品でセンスの良さを感じました。上の写真のドレスです。

      f:id:nekontan:20160514113327j:plain

これはジャクリーンケネディのもの。

       f:id:nekontan:20160514113402j:plain

そして、時の人であるプリンスの展示もありました。

   f:id:nekontan:20160514113428j:plain

これは、ルーズベルト(だったか?)が孫に送ったドールハウス

   f:id:nekontan:20160514113453j:plain

全景がこれ。豪華過ぎ~。こんなのもらったって、遊べないよね。

 

このアメリカ歴史博物館も展示の内容やテーマがばらばら。
広くて、自分が今どこにいるのかもわからなくなってしまうくらい。
入館したら、まずマップをもらって見たいものを絞ってから動いた方がいいよ。

個人的には本当に歴史に関する展示は少なかった気がします。大統領とファーストレディ関連の展示は、おばちゃんなんで面白かったです。

 

今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。
ただ今のBGM 『The Way I Was (Non-LP Version)』 Maroon5