読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、西洋諸国を移動中。

Ottawa. ON カナダ歴史博物館

http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

リドー運河を観光後、アレキサンドラ橋を渡り、対岸のがディノー地区に行ってきました。

行ってきたといってもリドー運河に近い、カナダ歴史博物館に行っただけですけど。

バスでアクセスも可能ですが、路線バスを使いこなすにはコツが必要です。

   f:id:nekontan:20160606134657j:plain

エントランスは、一見普通の博物館ですが、、、

   f:id:nekontan:20160606135030j:plain

一部に日本庭園がしつらえてあります。

日本庭園なんだけど、何となく違和感を感じてしまいます。
有名な方がデザインしたらいいんだけど、何かが違う。まあ、そんな事はいいや~と入館です。エキシビジョンの展示のみなら15C$。

      f:id:nekontan:20160606135115j:plain

子供向けのエキシビジョンがあって、テーマは旅。
東南アジア、中南米で大活躍のチキンバス。アジアではジープニーとかって呼ばれているのかな?

   f:id:nekontan:20160606135151j:plain

チキンバスの中って、初めて見ました。

   f:id:nekontan:20160606135543j:plain

世界中の道路標識が展示。日本のもありました、確か銀座だったと思う。旅行好きの私にはたまらないスペースになるはずだったのに。。。
子供が多すぎて、このエリアが大騒ぎで、おちついてみる事ができませんでした。

   f:id:nekontan:20160606135649j:plain

その国に関する展示、日本のエリアでは日本家屋が展示。
何だか、やっぱり違和感を感じます。
何が違うのかな?

   f:id:nekontan:20160606135745j:plain

インドネシアの有名な影絵。一度、見て見たい。
子供が走り回ってギャーギャーなので、早々に退散。

      f:id:nekontan:20160606135828j:plain

メインホールから1階に降りて、本来の歴史に関する展示を鑑賞。
先住民関連の展示です。催事用の仮面。

   f:id:nekontan:20160606135911j:plain

   f:id:nekontan:20160606135915j:plain

味がある。。。

   f:id:nekontan:20160606140105j:plain

これはゆりかごです。棺桶ではないよ。

   f:id:nekontan:20160606140018j:plain

民族衣装も綺麗ですね。

      f:id:nekontan:20160606140237j:plain

これは、戦士の鎧とかそういった類のもの。。。動き出しそうで怖い。

      f:id:nekontan:20160606140311j:plain

シャーマン信仰が重要だったみたいで、いろんなシャーマンマネキンが展示されていました。

   f:id:nekontan:20160606140342j:plain

先住民も、民族ごとに多種あって、それぞれの民族の紹介がされていたり、、、

   f:id:nekontan:20160606140526j:plain

移動しつつ、生活していた先住民のテント。

   f:id:nekontan:20160606140717j:plain

北方になると、家の骨組みがクジラの骨になったり、おもしろい。

   f:id:nekontan:20160606140527j:plain

この地方にもバッファローが居たようで、その紹介。

   f:id:nekontan:20160606140918j:plain

そして、全くテーマの異なるコインやお金のコレクション。

   f:id:nekontan:20160606141000j:plain

切手のコーナーもあり。

特別展はそりや馬車の歴史がテーマでした。

馬車ってベタな観光馬車に1回しか乗ったことがありません。

   f:id:nekontan:20160606141038j:plain

   f:id:nekontan:20160606141053j:plain

   f:id:nekontan:20160606141058j:plain

豪華な馬車や、雪上を走るソリなどが紹介されていました。

そして、私が一番興味をそそられたのは、フランクリン隊の謎に関する展示。

   f:id:nekontan:20160606141403j:plain

   f:id:nekontan:20160606141326j:plain

展示といっても、この1枚のポスターだけで、量がめっちゃ少ない。

フランクリンとは19世紀に北方航路を調査した探検隊。
探査中に氷に閉ざされちゃって船が難破。そして、乗組員全員がなくなったという悲劇に見舞われた人達。
難破船がカナダのどこかで見つかったらしくて、その調査や新発見を紹介していました。沈没船から回収した遺品とか見たいので、係員に聞いてみましたが、わからないという返答でした。残念。

 

カナダ歴史博物館は、フランクリン関連は面白かったけど、それ以外はごく普通の博物館。入場料15C$で、展示内容と比較するとコスパはイマイチと感じました。

   f:id:nekontan:20160606141622j:plain

歴史博物館からの、風景。きれいですね~。

そして、カナダ国立美術館前の有名なオブジェ。

これによく似たやつって、確か東京にあるよね?六本木ヒルズだったけ?

   f:id:nekontan:20160606141752j:plain

アートよくわかりません。。。

豪華絢爛なノートルダム聖堂。モダンなデザインですね。

リドー運河→カナダ歴史博物館→バイワードマーケットと盛りだくさんな観光日になってしまいました。

 

今日も最後までありがとうございます。
ただ今のBGM 『I was born to love you』 Queen