Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、中欧、東欧を徘徊中。

ニカラグア③ レオン レオンでレッツクッキング!

http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

リアルタイムはコスタリカサンホセです。中米もとうとう最終日になってしまいました。

 

今日は、ニカラグアのレオンで沈没中に私が作った食事とか、テイクアウトしたフードの紹介です。

 

一品目:プラターノのフライとキャベツサラダ。

レオン大聖堂の裏にメルカドがあって、そこでテイクアウトしました。

   f:id:nekontan:20160708082305j:plain

店の前には、このようにたくさんの種類のお惣菜が並んでいて、食欲をそそられます。

   f:id:nekontan:20160708082307j:plain

プラターノ大好物なので、テイクアウトをお願いすると、バナナの葉っぱに包んでくれました。問答無用でキャベツのサラダ(ザワークラウトの様な酢漬けがメジャー)がついてきました。60コルドバ?よく覚えてません。(215円)

味コメント:プラターノは料理用のバナナで、料理の仕方で少しずつ味が変わってくるけど、軽い酸味が特徴。はちみつや砂糖をかけて食べればおやつ。プラターノの熟成度が高いともっちり、あまり熟していないとホクホクした感じになる不思議な食べ物。

 

二品目:プラターノとブロッコリーの温野菜サラダ。チーズ風味のサルサソース添え。

   f:id:nekontan:20160708082310j:plain

これは宿のキッチンで作った一品、といっても茹でただけだけど。。

このチーズ風味のサルサソースは万能で、しばらくハマりました。温野菜サラダにもスライスチーズをのせてみました。中米もチーズが大人気なのか、スーパーのチーズコーナーが充実しています。調味料が無い時に、スライスチーズは重宝します。

 

三品目:チチャドリンク

トウモロコシをあんなことしたり、こんなことしたりして発酵させた中南米の有名ドリンク。チチャモラーダといって紫トウモロコシから作るのがペルーで有名らしい。

   f:id:nekontan:20160708082312j:plain

右の袋に入ったものが、スーパーで大量に売られててずっと気になっていた。

おばちゃんが袋の匂いをくんくん嗅いで購入していたので、私も真似してくんくん嗅いでから、正体を知りもしないで購入。

宿のハウスキーパーさんにチチャであること、作り方を教えてもらいました。

 準備するもの:牛乳、大量の砂糖、ミキサー

 とりあえず、適当に混ぜてミキサーでガーっとして完了。いたって簡単。

   f:id:nekontan:20160708082317j:plain

味コメント:はっきりいって微妙。慣れるとはまるかもしれないけど、発酵させたドリンクというのが頭にあるので、飲み下すのに勇気がいりました。砂糖が無いと到底飲めない。ペルーでチチャモラーダを発見したら、リベンジしてやる。

 

四品目:ユカ芋とブロッコリーの温野菜サラダ。アボカドペースト添え。

   f:id:nekontan:20160708082322j:plain

温野菜サラダの具材がプラターノからユカ芋に変わっただけというズボラ料理。

ユカ芋とはキャッサバの事。聞いたことあるな〜という食材。

   f:id:nekontan:20160708090122j:plain

写真はネットからお借りしました。そして、今頃Webで調べて知ったのですが、なんとこのキャッサバは皮の部分と中央の芯の部分に毒があるらしい。皮はさすがに剥いたけど、芯の繊維の部分はガリガリしながら食べてしまった。しかも、その毒性って青酸配糖体というやつで、平たく言えば『シアン』ってそれ、めっちゃやばいやつじゃ。。。

味コメント:毒があるなんて、全く気付かなかった。ホクホクしてて、ほんのり甘みがあってとっても美味しい。

 

無事だったから笑話で済むけど、キャッサバの調理ミスで食中毒なんて怖すぎる。よく知りもしない食材を使うリスクに気付きました。

 

最後に誤解を招かないために、、、キャッサバも品種によっては毒性の無いものもあるので、確認してから調理すべきです。そして、調理の仕方が正しければ食中毒にはならないそう。地元の人に使い方を聞いてから料理した方が安全ですね。

 

本日も最後まで、お読みくださりありがとうございます。

ただい今のBGM 『Hammer To Fall』Queen