Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、中欧、東欧を徘徊中。

パナマ パナマシティ② パナマ運河観光 行き方とか。

http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

リアルタイムはメキシコのGuadalajaraです。ミニメキシコシティな感じの都会です。

 

パナマシティの最大の観光スポットはやっぱり、パナマ運河でしょう。とある宿でパナマ運河を知らない日本人に遭遇してびっくりしたよ。そんな人もいるんだね。

 

パナマ運河の行き方は、Albrockバスターミナルからミラフローレス行きに乗るだけ。幹線道路沿いで降りてミラフローレスまで歩くという手もあるけど、直行があるならそれに乗った方が楽チンだからね。

      f:id:nekontan:20160726030421j:plain

↑ミラフローレス行きに乗れば、運河のエントランス(図の上方のピンの所にバス停あり。)まで乗せてくれます。

   f:id:nekontan:20160725071726j:plain

直通バスは30分に1本程度。バスターミナルが大きいので、乗り場を探すのが大変。15分ぐらいうろうろしてようやく発見。地図のこの当りで待ってれば、やってきます。

      f:id:nekontan:20160725071911j:plain

バスに乗車して、20分ぐらいでエントランスに到着。復路のバスも同じ場所にやってきます。

      f:id:nekontan:20160725071733j:plain

バス停からチケット売り場まで、エレベーターで登ります。エレベーターとは中米とは思えない、最先端技術。

   f:id:nekontan:20160725071750j:plain

11:00頃に到着して、チケット売り場は少々混雑。10分も待てばチケットは購入できます。

   f:id:nekontan:20160725071758j:plain

   f:id:nekontan:20160725071805j:plain

入場料15$。高いので、無料のビデオ案内(所要10分ぐらいのショボフィルム)もみました。

   f:id:nekontan:20160725071810j:plain

エレベーターで上階に移動、目の前に運河を渡る外国船籍が見えrます。運河の水が濁った水でおどろき。想像では普通の海水だったけど。。。

   f:id:nekontan:20160725071816j:plain

この銀色の牽引車でひっぱるみたい。

   f:id:nekontan:20160725071823j:plain

無事通過。所要時間10分ぐらい。太平洋と大西洋は水位が違うので、水位を調節して船を往来させます。

   f:id:nekontan:20160725071834j:plain

この水位の上下が意外と時間がかかります。

   f:id:nekontan:20160725071830j:plain

目の前で2隻の船が往来していたけど、どちらも香港国籍の船でした。

   f:id:nekontan:20160725071838j:plain

ひたすら眺める人々。船の往来を眺めたら、博物館エリアに向かいます。2016年は運河開通から祝100年?らしく、記念のグッス販売や展示が多かったです。

   f:id:nekontan:20160725071841j:plain

   f:id:nekontan:20160725071844j:plain

模型も10億人の国籍ですね。

   f:id:nekontan:20160725071852j:plain

      f:id:nekontan:20160725071855j:plain
そして、マネキンを使った珍展示。

   f:id:nekontan:20160725071859j:plain

運河の歴史を学ぶコーナー。

   f:id:nekontan:20160725071904j:plain

運河を掘るといっても、掘った所に水が入ってくるので、こういった掘削船を使うみたい。

      f:id:nekontan:20160725071908j:plain
海底を掘りつつ、砂や土を回収を何度も何度も繰り返してやっと作り上げた運河。1世紀も前の話で、プロジェクトXの世界だよ。

15$の入場料の割には、観光内容がしょぼい(失礼だけど正直な感想)けど、世界的に有名なパナマ運河を見られてそれだけでも満足。

 

ラストまでおつきあい頂きありがとうございます。
ただ今のBGM 『ボス戦』Final FantasyⅫ Original soundtrack

ガンビットのシステムは中々新しいシステムで、楽しめたシリーズですね。