Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、中欧、東欧を徘徊中。

メキシコ グアナフアト(2) グアナフアト町歩き1日目

http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

リアルタイムはキューバのCienfuegosです。ブログの写真追加、修正していますが、キューバで1ヶ月放置していたので、なかなか大変な作業です。

 

Guanajuatoの町歩き情報です。小さな街だけど、世界遺産の街は見どころもいっぱいです。今日は、町歩きの中でも南エリアの紹介です。

      f:id:nekontan:20161002000214j:plain

これは街をつっきるメインストリートのフアレス通り。人気の観光地だけあって、観光客で賑わっています。

   f:id:nekontan:20161002000243j:plain

フアレス劇場向かいのLa Union公園。植木がきれいに刈り込みされてて、その下にカフェが並んでいます。

   f:id:nekontan:20161002000302j:plain

中米の公園て、必ずこんな東屋がありますね。緑が生い茂ってて、日陰ができてて涼しい。

      f:id:nekontan:20161002000328j:plain

気温はそんなに高く無いけど、日差しがきつい。

   f:id:nekontan:20161002000350j:plain

このLa Union公園の目の前にフアレス劇場が立ってます。
外観だけ写真に撮って、終了。観劇しても芸術音痴の私には猫に小判です。

   f:id:nekontan:20161002000413j:plain

フアレス劇場のサンディエゴ教会。真ん中がオリジナルで、左右が修繕されたのかな?作りが違いすぎて面白い。

   f:id:nekontan:20161002000438j:plain

教会の外は観光客でひしめきあってるけど、中は静かでひっそりしています。

こちらは、ほぼ中央に位置するバシリカ。

   f:id:nekontan:20161002000459j:plain

黄色が目立ってます。

   f:id:nekontan:20161002000524j:plain

バシリカ前というか、この周辺には古典的なスペイン人の衣装をまとった人たちがうろうろしています。
写真撮れば、チップ要なのだと思うので写真はとりませんでした。

   f:id:nekontan:20161002000557j:plain

ここはとっても狭い通りなのですが、観光客で大混雑。恋人の小道といって通りを挟んで済んでいた男女が恋人どおしにもかかわらず、互いの両家が反目しあっていたそう。

お互いに小道の窓から顔を出して、キスしてたって話。
まあ、ただの狭い通りでした。

      f:id:nekontan:20161002000633j:plain

うじゃうじゃ観光客がいて、順番に写真を撮っていきます。

これがその顔を出してたっていう、テラス。

   f:id:nekontan:20161002000700j:plain

今は、隣り合う両家はお土産物屋さんになってました。

   f:id:nekontan:20161002000719j:plain

この建物はグアナフアト大学です。

      f:id:nekontan:20161002000740j:plain

狭い市内に大学を作ったわけだけど、うまく建築技術を応用して建てられたそう。私にはよくわからなかったけどね。確かに、広く見えますね。

   f:id:nekontan:20161002000814j:plain

   f:id:nekontan:20161002000823j:plain

このグアナフアトは、地上と地下道とか複雑に入り組んでいます。所々で、こんな感じで地下にもぐるトンネルがあります。地下道の途中にもバス停があって、バス停で降りるとたいがい近くに地上に出る階段があります。

 

歩き方には、あまり使わないほうが良いって書いてあったけど、バス停の関係からどうしても使わないといけない時もあるよね。
治安云々より、トンネルの中の排気ガスがひどかったです。

 

今日も写真が無い中、最後までお読みくださり、ありがとうございます。
ただ今のBGM 宿の家族が見ているテレビドラマ