読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、西洋諸国を移動中。

エクアドル編 Galapagos Isla North Seymour島 1 Dayツアー(1)

http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

リアルタイムはペルーのクスコ。体調がよろしくないので、町歩きはそこそこにして宿でおとなしくしています。

 

今日は、ガラパゴスで参加したデイクルーズについての記事です。Santa Cruzで滞在してても、野生の動物を見るチャンスが少ないと感じたので、North Seymour島での1日ツアーに参加しました。

 f:id:nekontan:20161214064647j:plain

朝8:00に宿の前にミニバンがお迎えに来ます。参加者7-8人だったかな。ちょうどいいぐらいの人数ですね。

 

空港からの渡し舟発着所までミニバンで移動。

 f:id:nekontan:20161214064650j:plain

ゾディアックで沖に停泊してあるクルーザーまで移動。

 f:id:nekontan:20161214064653j:plain

 f:id:nekontan:20161214064706j:plain

クルーザーの内装はちゃんとしたリビングになっています。広々としてて居心地も良かった。このクルーザーで上陸ポイントを目指して移動します。

 f:id:nekontan:20161214064715j:plain

遠くからでも、ビーチでごろごろしているアシカが見えますね。

 f:id:nekontan:20161214064719j:plain

出産期を過ぎて、すでに子育ての最中の時期。あちこちで、親子のアシカをみました。

 f:id:nekontan:20161214064723j:plain

カニもカラフルで南国風。

 f:id:nekontan:20161214064731j:plain

Yellow Warblerという小鳥。ダーウィンフィンチかと思いきや、違う種でした。

ダーウィンフィンチが有名ですが、実はダーウィンフィンチにもいろんな種類があるのです。それぞれ、島ごとの自然環境に沿って、進化した島固有のフィンチがたくさんいます。という事を、後日、チャールズダーウィン研究所で学びました。

 f:id:nekontan:20161214064735j:plain

アシカも大きいの、小さいのたくさんいます。陸上では、ただ寝ているだけのアシカも、水中ではキャラクターが変わります。

 f:id:nekontan:20161214064739j:plain

赤ちゃん、かわいいけど、周辺には何体も赤ちゃんの死骸が横たわっていました。
『野生動物の生存は厳しいんだ』という当たり前の事を身にしみました。
普段、ドキュメンタリー番組みていたけど、テレビの情報だけでは伝わらないものがたくさんあります。アシカの匂いもその一つ。群れに近づくと特有の匂いがあります。近くにアシカ達がいるなってすぐわかるもの。

 f:id:nekontan:20161214064744j:plain

ウミイグアナも何匹が見かけましたが、数は少なかったです。コロニーに行かないと、見えないみたい。

 

鳥達は数種類見ることができました。

 f:id:nekontan:20161214064751j:plain

Galapagos Dpve

 f:id:nekontan:20161214064755j:plain

American Oystercatcher

 f:id:nekontan:20161214064759j:plain

海岸に打ち上げられたイルカの骨。肉体は他の動物達の餌になり、体が朽ち果てていくんだなぁと変に感心したりして。

    f:id:nekontan:20161214064804j:plain

ウミイグアナも例外ではありません。

人間は死ぬと、火葬、土葬、風葬、水葬、鳥葬など種類は様々ですが、遺体に手を加えてこの世から消滅させます。野生では、自然に朽ち果てるのを待ちます。非野生と野生の相違点を見たような気がします。


ちょっと固いことを考えている間に、集合時間が近づいてきました。
寒いですが、頑張ってシュノーケリングをすることに。。。

 f:id:nekontan:20161214064828j:plain

この、ビーチに来た理由は、アシカと泳げるから。
写真の中央に飛び跳ねているアシカが写っていますが、彼らは水中では別人(別アシカ?)。水中に入ると、何匹も私の周りに集まってきます。

もう、びっくりの連続です。
水中でばっちり目線があいました。アシカのきょとんとした顔が本当にかわいい、癒される。ぶつかりそうだけど、絶対にぶつかりません。ひょいって彼らが方向転換してくれますから。一気にハイテンション。アシカって好奇心が旺盛な生き物だ。

 f:id:nekontan:20161214064859j:plain

そして、集合時間になったので、ゾディアック経由でクルーザーに戻ります。

ブログはノースセイモア島ツアー後編に続きます。


今日も最後までおつきあいくださり、ありがとうございます。

ただ今のBGM 『いつか帰るところ』Final Fantasy Ⅸ Soundtrack