Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、中欧、東欧を徘徊中。

エクアドル編 Galapagos Isla North Seymour島 1 Dayツアー(2)

http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

リアルタイムはペルーのクスコ。標高が高く、酸素が薄い!ちょっと動くとすぐに脈拍が100を超えてしまいます。

 

前回のノースセイモア島ツアーの後編です。

 f:id:nekontan:20161214070246j:plain

本命のノースセイモア島に上陸です。

 f:id:nekontan:20161214070250j:plain

この島、本当に荒涼としててとても生き物の楽園とは思えない。まあ、人間がいない分、より自然に近いわけです。

 f:id:nekontan:20161214070306j:plain

いきなり、大本命のグンカンドリ!しかもバルーン膨らませ状態に遭遇。一気にテンションがMAXになりました。

 f:id:nekontan:20161214070314j:plain

この子、グンカンドリの雛です。大きくなってもらいたいものです。

 f:id:nekontan:20161214070321j:plain

出産期の後だったので雛がたくさんいます。あっちここっちも雛だらけ。

 f:id:nekontan:20161214070330j:plain

ほわほわした羽毛が気持ちよさそう。

 f:id:nekontan:20161214070336j:plain

グンカンドリのつがいです。

 

ノースセイモア島にはゾウガメがいないので、サボテンはサボテンのままです。つまり、木には進化していないという事。

 f:id:nekontan:20161214070353j:plain

ゾウガメがいれば、食べられないように背が高く進化して、サボテンの木になります。

 f:id:nekontan:20161214070359j:plain

見たかったその2のリクイグアナ。生息数が少ないので、あえて出向かないと見えません。

f:id:nekontan:20161214070411j:plain

栄養源が多いのか、ウミイグアナに比べると体がでかい。

 f:id:nekontan:20161214070422j:plain

見たかったその3の青足カツオドリ。

 f:id:nekontan:20161214070427j:plain

全然、逃げない。そして、怪我してた。ちょっと悲しい。

 f:id:nekontan:20161214070431j:plain

これは青足カツオドリの雛。若干、足が青くなっています。

周囲を見渡した景色はこんな感じ。

 f:id:nekontan:20161214070441j:plain

荒涼とした島に、ぽつぽつ鳥の営巣地があります。

 f:id:nekontan:20161214070459j:plain

そして、どの子も逃げないし、全く人間を警戒していない。

   f:id:nekontan:20161214070513j:plain

そして、目の覚めるような青足を持ったカツオドリ。
全く俊敏さが感じられません。こういった、鈍そうな感じがとっても、かわいいです。

   f:id:nekontan:20161214070531j:plain

そして、ここにも死骸がたくさん。これも、自然の掟なのです。

 f:id:nekontan:20161214070544j:plain

親子のアシカ、私の中で一番のベストショットです。

 f:id:nekontan:20161214070558j:plain

アシカとツーショット。

島の滞在時間は30分ぐらいかな?ガイドさんが丁寧に英語で説明してくれます。
英語ガイドのありがたさを実感。

ノースセイモア島ツアーが終了し、昼食タイム。

 f:id:nekontan:20161214070605j:plain

昼食は、船内の狭いキッチンでおじさんが頑張ってくれます。

こんなおじさんですが、

f:id:nekontan:20161214070615j:plain

こんなにおいしそうな昼食を作ってくれました。

 

~ツアー情報~
プエルトアヨラには無数に旅行会社があります。こつこつ当たるしかありません。
4社ぐらい回って、一番安かったところに決めました。

f:id:nekontan:20161214064644j:plain

↑申し込みしたツアー会社。

島A(上陸、シュノーケリングタイム)、ノースセイモア島(上陸、英語ガイド付き)
宿までの送迎、シュノーケリンセットレンタル(フィン、ゴーグル)昼食付き

シュノーケリングのチャンスは2回と聞いていたけど、実際は1回でした。

参加人数8人ぐらい 135USD(オフシーズン)
ちなみに4泊5日のツアークルーズになると1000USDとか言ってきた。


結論、申し込んで正解。野生の固有種は、サンタクルスで滞在していると見るチャンスが少ないです。チャンスが無いとは言はないけど、かなり難しいと思います。


今日も最後までおつきあいくださり、ありがとうございます。
ただ今のBGM 『Love Song』Sara Bareilles