読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、西洋諸国を移動中。

ペルー編 Chachapoyas(5)アルマス広場に面した隠れ博物館。

http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

リアルタイムはボリビアのSanta Cruz。ボリビア最終目的地です。明日にはパラグアイに入国予定。

 

チャチャポヤス市内に何か観光する所は無いかとMaps.meで検索。

中央公園に面して博物館を見つけました。この博物館ですが、入場料は無料だし、写真撮影もOK。展示内容は、この地域から出土した土器とミイラがメイン。

レイメバンバ博物館が撮影禁止だっただけに、ミイラの写真を撮りまくってしまった。

布にくるまったままのミイラ。

   f:id:nekontan:20170113045540j:plain

コンパクトに四肢を折り曲げた状態。

当時、外科手術が行われていたようで、どのミイラの頭蓋骨にも穴が開けられてた。

     f:id:nekontan:20170113045545j:plain

これは、後頭部の骨をのけちゃったみたい。
よく生きてられたなと感心する。

  f:id:nekontan:20170113045551j:plain

  f:id:nekontan:20170113045555j:plain

横向き。

     f:id:nekontan:20170113045600j:plain

大きく開いた口が怖い。

本格的な博物館に比べると保存状態もあまり良く無い。

  f:id:nekontan:20170113045606j:plain

ちゃんと手入れしないと、朽ち果ててしまうね。

      f:id:nekontan:20170113045611j:plain

テキスタイルの色のなくなっちゃってる。

      f:id:nekontan:20170113045615j:plain

それにしても衝撃的なミイラたち。

     f:id:nekontan:20170113045625j:plain

これは、棺桶の頭の部分。予想外に大きい。イメージでは等身大だったんだけど、1.5倍ぐらいはあるかな。

     f:id:nekontan:20170113045630j:plain

穴の開いた頭蓋骨。

  f:id:nekontan:20170113045644j:plain

主に、ひどい頭痛とか、脳の外傷後の治療として、頭蓋骨に穴を開けたみたい。
症状は良くなるんだろうか?

     f:id:nekontan:20170113045639j:plain

最後に棺桶にはいった状態のミイラ。

一部は英語表記があったので、まだ理解しやすかったよ。
ちょっと時間が余った時なんか、この博物館はオススメです。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。
個人的な趣味が全面に出た内容になりました。

ただ今のBGM 『Jingo』Santana