読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、中欧、東欧を徘徊中。

ペルー編 (1)Lima 旧市街観光。アルマス広場、ホセマルティン公園などなど。

http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

リアルタイムはブラジルのリオデジャネイロです。
もう少ししたら、リオのガーニバルが始まります。その前に出国になるのが非常に残念。

 

凶悪犯罪都市といわれるペルーのリマに移動してきました。
セントロ、ミラフローレス、サンイシドロ、バランコ、、いろいろな地区に分かれてて雰囲気も其々特徴があって面白い。

それぞれに特色があって、私にとっての『リマ』は決して凶悪犯罪都市なんかじゃなくて、滞在してて飽きない町でした。結局2週間近く過ごしてしまったから、よっぽど気に入っていたんだと思う。もしくは、沈没してたかのどっちかだね。

 

セントロ~ケネディパーク近辺まで、リマ在住の友達が案内してくれたのでその紹介です。

  f:id:nekontan:20170208094246j:plain
観光の中心になる中央公園です。
いつも観光客でごったがえしています。でも、滞在中に首脳級の国際会議が開催されて、厳しい入場制限がされてた日もあって、その日だとこんな感じ。

  f:id:nekontan:20170208094248j:plain

だれもいない。とってもめずらしい光景。

  f:id:nekontan:20170208094250j:plain

こんな国旗もみかけました。

  f:id:nekontan:20170208094252j:plain
大統領府。物々しい警備です。

 

広場に面したカテドラル。

  f:id:nekontan:20170208094257j:plain

歩き方情報では、レコンキスタドールのピサロのミイラ(でも、本物かどうかはわからないらしい)があるというので見たかったんだけど、入場料がなんとソル!高い。

f:id:nekontan:20170208094300j:plain

入ったはいいが、公開されてなかったらお金がもったいない(信心0%の私)ので、受付で確認してみました。今は、公開されていないそう。なのでスキップ。

 

このあたりは典型的なコロニアル時代のスペイン風の建築。

 f:id:nekontan:20170208094303j:plain

 f:id:nekontan:20170208094306j:plain

木製の出窓はキューバでもよく見かけましたね。

 

この中広場から歩行者天国のJiron de la Union通りが延びてて、そこも観光スポットです。

     f:id:nekontan:20170208094310j:plain

     f:id:nekontan:20170208094313j:plain
パフォーマーあり、かわいいお店あり、おしゃれカフェありといった典型的な歩行者天国ですね。

  f:id:nekontan:20170208094315j:plain

で、このサンマルティン公園に突き当たります。
11月で季節的には春なのか、何かしらの花が満開できれい。

  f:id:nekontan:20170208094318j:plain

奇跡的なタイミングで観光客0人の写真が撮れた。

  f:id:nekontan:20170208094329j:plain

老舗の高級ホテルらしい。一度は泊まってみたいけど、老舗のホテルって意外と水回りが悪いんだよね。

  f:id:nekontan:20170208094322j:plain
Jose san Martin像。平日なのに、この賑わい。11月なのに、すでに町はクリスマスカラー一色でした。

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございます。

ただ今のBGM 『Brighter Days』Cajmere