Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、中欧、東欧を徘徊中。

ブラジル編 Rio de Janeiro(4) リオの市内観光。フリーメイソンの建物、カテドラル、幻想図書館、イパネマ海岸などなど。

http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

リアルタイムは南アフリカの第3の都市、Durban。さすが、第3の都市あって、都会。。だけど、街を歩いてて直感的に安全じゃない印象を受けました。脅すつもりも、盛ってるつもりも無いけど、決して安全な街じゃないです。

リオも安全じゃないけど、Durbanよりはマシだった気がする。

 

リオの町歩き情報です。旧市街を歩いてみました。てか、Durbanだったらタクシー利用せず、アジア人女子が町歩きなんて『まずできない』もんね。

 

   f:id:nekontan:20170322212747j:plain

この可愛らしいピンクの建物。。フリーメイソンの建物なんだって。ダビンチコードで有名になった組織だけど、本体はボランティアとか?やっている慈善団体らしい。

良い活動をしているのに、映画でマイナスイメージになっちゃったね。

     f:id:nekontan:20170322212755j:plain

で、有名なフリーメイソンのシンボルマーク。どうしても、20世紀少年の『ともだち』のマークに見えてしまう。

 

   f:id:nekontan:20170322212759j:plain

建物なんて、こんなにメルヘン。

 

  f:id:nekontan:20170322212802j:plain

そこから徒歩でカテドラルと水道橋を目指します。

ローマ水道も含めて、ちょっとした水道橋好きなんです。スペイン、タラゴナの水道橋とか、ローマ市内の水道橋とかわざわざ見に行ったな〜。

 

   f:id:nekontan:20170322212815j:plain

で、これがカテドラル!リオのカテドラルは斬新なデザイン。こういった、mid-century的なデザイン、私の好みです。

ニュージーランドマオリ風デザインのステンドグラスは見たけど、こっちの方がさらに目新しい。

 

   f:id:nekontan:20170322212819j:plain

国立劇場?Teatro Municipal。アートはさっぱりわからないけど、一度こう言ったゴージャスな劇場でオペラ見てみたいな。

 

で、宿のオーナーにお奨めされた『幻想図書館』、今回の町歩きスポットでここが一番のお気に入りです。

  f:id:nekontan:20170322212827j:plain

歩き方にも載っていない場所。雰囲気はハリポタ。本も実際に借りられるそう。

  f:id:nekontan:20170322212832j:plain

宙に浮きそうな机と椅子のセット。正式名称はReal Gabinete Portugues Leitura

です。

 

宿近くの公園。Campo de Santanaという名前らしい。入場時間が設けられてて、閉園するとさーっと周囲の雰囲気が変わります。来るなら昼間です。

  f:id:nekontan:20170322212838j:plain

公園内にカピバラ?らしき生物を発見。

サンパウロで出会ったローカルの人が、『カピバラってドブネズミみたいなもんだよ』って言ってた。日本だったら、のんびりした顔つきから癒し系アニマルなのに。

  f:id:nekontan:20170322212841j:plain

しかも、いっぱいいる//ちょっと怖いな。

 

地下鉄を乗り継いで、イパネマ海岸に移動。リオには有名なビーチがいっぱいあって、イパネマとコパカバーナが有名だよね。あえて、イパネマに行ってみました。より、リゾートでゴージャスらしいからね。

 f:id:nekontan:20170322212845j:plain

確かに、ビーチリゾート。今はもうあきらめちゃったけど、訪問時はまだ美白にこだわってて、このビーチを長袖、タイツ+短パンで散歩していた私って、観光客丸出し。。。泳ぐでもなく、炎天下の中を、歩きにくい砂浜を歩いて、なんで来たのか?と疑問に思ったよ。まあ、有名なイパネマですから、行って損は無いよ。

では!