Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、中欧、東欧を徘徊中。

ブラジル編 São Paulo(5)サンパウロのカフェ事情。

http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

リアルタイムは南アフリカヨハネスブルグ。治安最悪のこの町の滞在期間を最短の1日にするためにダーバンから国内線で移動して、明日出国予定としました。

 

São Pauloの食事事情、特に、毎日のようにカフェ巡りをしたので紹介します。

 

1軒目 リベルタージのカフェ①。
ショーケースに並んだケーキはどれも、日本風で小ぶり。

  f:id:nekontan:20170330020317j:plain

おごりだったので価格不明。ありがとうございます💖。
私はティラミス風ケーキとエスプレッソ。

  f:id:nekontan:20170330020319j:plain
甘さ控えめで日本人好みのあっさりしたケーキ。

 

2軒目 リベルタージの軽食屋さん。
ブラジルの伝統的なスイーツを頼んでみた。

  f:id:nekontan:20170330020322j:plain
アップルパイとコシーニャという甘くないスナック系のスイーツ。ブラジルは、パイが美味しい。

コシーニャはコロッケの様な軽食で、具材は挽肉。合計12レアルぐらい。
これをおやつ感覚で食べてたら、間違いなく体重増加の予感。

 

3軒目 名称不明のカフェ。
エッグタルトとカプチーノ。エッグタルトは、リオでも食べたけど小ぶりで軽目のデザート。

  f:id:nekontan:20170330020325j:plain
そんなに甘く無いので、2-3個いけそう。こちらも、おごりだったので価格不明。

 

4軒目 リベルタージのパン屋さん。
ここのパン屋さんはあんぱんとかクリームパンとかの日本でもおなじみのパンが並んでました。

  f:id:nekontan:20170330020327j:plain

  f:id:nekontan:20170330020330j:plain
あんぱんとコーヒーのセット(15レアル)。

場所は地図参照してくださいね。

ブラジルに入って、都市部では明らかに食事レベルがあがりました。
大失敗がありませんね。

 

名前が不明なので、地図を載せておきます。④のパン屋さんのみ場所があやふやです。

  f:id:nekontan:20170330021413j:plain

地図上では③になってるけど、④のパン屋さんの間違いです。不正確な情報ですみません。

  f:id:nekontan:20170330021517j:plain

地図2:③は伝統的なブラジル流カフェです。

では!