読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、西洋諸国を移動中。

アフリカ編 タンザニア② 市内交通移動の紹介。

http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

リアルタイムはイングランドマンチェスター
物価は高いイングランドだけど、今は£安(1£=140円ぐらい。)でちょっとお得に旅行できています。

タンザニアのダルエスで利用した市内の交通手段についての解説。(自分が乗ったものだけです。)


★市内の移動:トランスミレニオ? 正式名称不明。

ダルエスにも専用レーンを走るトランスミレニオ的なバスがあるけど、常に満員状態。

   f:id:nekontan:20170406004329j:plain

1回=650シリングで利用可能。タクシーやトゥクトゥクに比べると半額以下で激安。

   f:id:nekontan:20170406004615j:plain

路線は1本で、ほぼ直進なので降り場所の判断は困らないと思うけど。。。

ダラダラ(コレクティーボ)みたいに、市内をうろうろ走らず、ほぼ直線で走行するので、まだわかりやすいかな。

『Maps.meで現在地を確認してから降りる』なんて、絶対にやっちゃだめだよ。スマホ持っている事がばれちゃうからね。

 

1回だけ乗ったけどスリ対策で常に緊張してて、神経が疲れた。治安の面から見ても、正直おすすめできません。
とある女性は私のサブバックをじーっと見つめてたからね。どう考えたって、だれが見ても私のサブバックの中には『何か高価なものが入ってる♥?』って思うよね。

乗り方:バス停に入り、乗車前に専用窓口でチケットを購入。

改札の赤外線にバーコードを読み取らせて、ゲートが開いた後に乗車します。

乗客からチケットを受け取って、バーコードを読み取らせる専用係が居た。無駄だな〜と思ったけど、時間短縮と雇用対策かなとも思った。

 

★市内の移動:トゥクトゥク

第三国ならお馴染みのトゥクトゥクタンザニアでも走ってましたが、以外と数が少ない。結局1回しか乗りませんでした。

   f:id:nekontan:20170406005254j:plain

事前に値段の交渉制。ウブンゴバスターミナルや空港、タザーナ鉄道駅に向かう場合、値段が跳ね上がります。
タクシーよりトゥクトゥクの方が安い(はず)です。
参考価格:セントロ〜タザーナ駅まで乗車して6000シリングでした。

トゥクトゥクはOpenで爽快気分で走ってくれるけど、顔が砂埃だらけになる、物乞いや路上売りがアジア人と見るや近づいてきてofferしてくるひったくりにも注意しないといけないし、神経使う。
治安面から見てタクシー移動のほうが安全だと思う。

 

★市内の移動:タクシー
これも、行き先で値段が跳ね上がります。
空港→セントロは1回35,000シリングでした。値段の交渉には幾つかのポイントがあります。

 

練習問題:値段交渉の際に悪徳運転手が『Thirty』と言ってきた場合の正しい金額を選べ。

①30円

②30ドル

③30タンザニアシリング

④30,000シリング

 

答え:運転手側→②30ドル(3336円) 乗客側→④30,000シリング(1500円)

円に換算すると倍額も違います。支払いの時に、30ドルだ!とか言ってくるので単位を確認しましょう。

30,000シリング=『Thirty milシリング, per 1 ride?』が模範解答かと思います

Per personかPer rideかで値段が大幅に変わってきます。

 

参考価格

空港→セントロまで30,000シリング。
セントロ→ウブンゴバスターミナルまで10,000シリングでした。


タクシーの運ちゃんは、え?って思うような金額を初期提示してきます。相場の3倍とかよくある。幸運を祈ります。

 

対策
・平均価格をホテルのフロントでチェックしておく。(情報の信頼性からすると、最終的にはロンプラ、歩き方がBetter)
・交渉前に自分で許容できる金額を先に決めておくこと。
・自分の希望金額を一番最初に提示すると、もはや希望金額では乗れないです。
 なので、希望金額より低めの価格を提示。
 (20,000シリングで乗りたいなら15,000シリングの値段を提示する。)
・値切りすぎると運転手の機嫌が悪くなり、移動途中で何されるかわからないので控えめにしておく。相場より、2-3割り増しの価格なら成功としましょう。
・運転手選びが一番大事。車がきれい、身なりがきれい、アルコールの匂いがしない、ラリってない人を選びましょう。

 

★市内の移動:バイタク
参考価格:タザーナ駅からウブンゴバスターミナルまで5000シリング。
トゥクトゥクが見つからなかったので、しょうがなく乗車。

     f:id:nekontan:20170406010800j:plain

タザーナ駅近辺は列車の発着時刻以外は、人もいなくてタクシーを見つけるもの大変でした。

ヘルメットは貸してくれます。パナマ風ハットの上にヘルメットを被るという、この上なくイケテないスタイルで乗る羽目になりました。

 

★ダラダラ

タンザニアのコレクティーボはダラダラと呼ばれていますが、ミニバスでも通じました。

   f:id:nekontan:20170406010506j:plain

結局、治安の面でダルエスでは1度も乗りませんでした。ザンジバル島で2回ぐらい乗りましたが、乗り心地ヨクナイ。。。

ミニバスタイプ:常に満席。補助席はもちろん、4人掛けに5人座るなんて日常茶飯事。1座席、1人なんて考えかたはローカルの人も持ってなくて、みんな快く座席を詰めてくれました。

  f:id:nekontan:20170406011910j:plain

 

トラックタイプ:こちらの方が人気が無いのか比較的、ゆったり座れた。ただ埃まみれは覚悟。

  f:id:nekontan:20170406011811j:plain

   f:id:nekontan:20170406010611j:plain

どのタイプも値段はあって無きが如し。観光客なら数倍の金額をふっかけてくるので上手に、相手の機嫌を損ねる事なく値切りましょう。荷物代金を徴収する運転手もいます。平均価格は1回乗車で2000シリング。

 

タンザニアの、主にダルエスサラーム内の交通手段について紹介しました。
みなさんの健闘を祈ります。
では!