読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、西洋諸国を移動中。

アフリカ編 タンザニア⑧ サファリ3日目のレビュー ンゴロンゴロ国立公園

http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

リアルタイムはインングランド北部のKeswickです。明日、グラスゴーに移動します。

 

タンザニアで参加したサファリ3日目の日記。一部修正しています。

超寝不足で、早朝のゲームドライブ(ンゴロンゴロ国立公園)開始。

  f:id:nekontan:20170408055717j:plain

まずは、国立公園全体が見渡せるスポット。火山のクレーターの中にすっぽり入る国立公園が見渡せます。

  f:id:nekontan:20170408055720j:plain

ハゲワシがお食事中。メニューはインパラ。

これがそのインパラ(黒)。

  f:id:nekontan:20170408055722j:plain

潤んだ瞳と立派なツノが美しい。インパラには他に白もいるそう。

これがインパラの白。

  f:id:nekontan:20170408055724j:plain

これ、奇跡の一枚。おしっこしてた。側面の黒い縞模様が無いのが特徴。

  f:id:nekontan:20170408055728j:plain

朝霧がたなびいてて、幻想的な雰囲気。

  f:id:nekontan:20170408055730j:plain

イボイノシシの家族。

  f:id:nekontan:20170408055737j:plain

ヌーの大人バージョン。

  f:id:nekontan:20170408055741j:plain

こっちは子供。子供ですでにおっさん顔。でも、かわいいね。2月はちょうど出産を終えた時期で、子ヌーがいっぱいいた。

  f:id:nekontan:20170408055744j:plain

これはハゲタカ。こっちもお食事中。メニューはホロホロチョウ。鳥が鳥を食べる厳しい世界。

これが、ホロホロチョウ

  f:id:nekontan:20170408055733j:plain

身体中に白い斑点があるので、すぐわかると思う。体が丸っこくて鈍そうで、かわいい。

  f:id:nekontan:20170408055745j:plain

カンムリツル。夫婦かな?

  f:id:nekontan:20170408055748j:plain

  f:id:nekontan:20170408055750j:plain

そして貴重なサイ。2回、遭遇できた。私のPoorなカメラでは、これが最大の望遠。ツノが薬になると信じられてて、数が激減しているんだって。

  f:id:nekontan:20170408055752j:plain

不思議な鳥。首まわりのフワフワした羽が、まるで美川憲一のようだ。

  f:id:nekontan:20170408055753j:plain

ぞうさん。立派な大人の象。

  f:id:nekontan:20170408055755j:plain

歩いているカバ。

  f:id:nekontan:20170408055757j:plain

そして、通称ヒポプールに集団発見。

  f:id:nekontan:20170408055800j:plain

完全に寝不足だったけど、ンゴロンゴロ国立公園ではテンションが上がった。

  f:id:nekontan:20170408055802j:plain

朝の狩りを終えたメスライオンのグループ。悠然と歩いてて、かっこいい。

 

ンゴロンゴロは特殊な地形から、別世界だった。こんな特殊な世界が地球にあることが不思議。人間が立ち入れない別の世界。
こんな小さな世界で、たくましく生きている動物達。これ以上、数が減らない事を祈ります。

 

最後のゲームドライブが終了して、一度キャンプサイトに戻ります。
最終日のランチボックスを受け取って、アルーシャに戻ります。途中のレストランでランチボックスを食べて、ツアー参加者で相談事。

『ドライバーとコックのチップをどうするか?』問題です。
このサファリでは、チップはほぼ必須。決して優秀ではなかったドライバー兼ガイド。。私たち日本人2人でドライバーに20$、コックに15$支払いました。コックはサービスはともかく、味はかなり良かったのでもう少し多めに渡しても良かったかな?

では。