読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、中欧、東欧を徘徊中。

アフリカ編 ナミビア(8) ナミブ砂漠 Day2-2  夕日鑑賞と入場料とゲートの開門時間について少し。

http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

リアルタイムはBosnia-HerzegovinaのSarajevo。そう、歴史で一度は聴いた事があるあの『サラエボ事件』が起きた場所。暗殺事件が起きた場所だから、荒くれ者が多い物騒な街をイメージしてたんだけど、全然違う!Hyper touristicで久しぶりに日本人の集団観光客に会いました。

 

ナミブ砂漠のレポート中。キャンプサイトに無事にチェックイン?というか駐車して、さっそく夕日鑑賞に出かけます。

ちなみに、ナミブ砂漠エリアは入場料なるものが必要です。

正面ゲートの守衛さんに払うか、宿のカウンターで払うかですが、私達は宿のカウンターで払いました。1人85ND(717円)。高い。。。

 

そして、ゲートに開門、閉門時間が決まってて、その時間帯じゃ無いと、砂丘に近づく事ができません。

 

     f:id:nekontan:20170425052713j:plain

この意味不明の時刻と開く門をチェックして、出かけてください。何度見ても意味がわからん。説明不足だからでしょうね。

 

   f:id:nekontan:20170425052835j:plain

というのも、私達が止まったSesrim rest camp周辺には3個のゲートがあって、どれがInternal gateでどれがMain Gateなのか判断できませんでした。

 

じっくり考えた結果、Internal gateはキャンプサイト前の門で、Main gateは地図左の門かも。。。自信がありません。ちなみに朝日を見に行った日、左のゲートは5:50に開きました。6:00前後に開く門なんて、インフォメーションにも書いてないし、最後まで謎です。

 

夕日タイムは、どのゲートも開いているので心配無し。照明ひとつ無い砂漠なので夕日が終了しても、残る人っていないと思う。

 

受付で聞いた夕日鑑賞スポットの『Elim dune』に行ってみました。

       f:id:nekontan:20170425052006j:plain

砂丘まで車でアクセス可能でした。駐車場があったので、そこで車を止めて砂丘に登る事になります。

 

   f:id:nekontan:20170425051941j:plain

赤い砂漠と言われるナミブ砂漠。実際は、それほど赤くなかったけど、写真でみると予想以上に赤く写ってますね。

 

   f:id:nekontan:20170425051946j:plain

転々と木立が見えますが、キャンプサイトからの道が続いてます。写真左が駐車場。最初は私達だけだったけど、夕暮れTimeに近づくとと、どんどん車が増えてきます。

 

   f:id:nekontan:20170425051948j:plain

ちょうど、西の方向に砂丘があるので、地平線に沈む夕日は見られそうに無い。

 

   f:id:nekontan:20170425051956j:plain

   f:id:nekontan:20170425051958j:plain

ちょうど満月でした。草の葉っぱとのコンビネーションがお月見の様だ。

 

  f:id:nekontan:20170425051952j:plain

人が入り込まない様に、どんどん登っていきます。重労働。

 

  f:id:nekontan:20170425051945j:plain

もうこれぐらいで、良いかなって地点で記念撮影開始。当然だけど、ありとあらゆるものが砂まみれになります。ペルーのワカチナでも経験したけど、砂丘好きじゃ無い。ベタベタしたりはしないけど、かなり服が汚れるので注意です。

      f:id:nekontan:20170425051939j:plain

赤い。写真で見ると際立って、赤く見える。

 

     f:id:nekontan:20170425051943j:plain

風邪を遮るものが無いので、砂丘の上では強風。波紋が砂にくっきりうつってる。波紋でOverdriveを想像した、そこのあなた!やりますね。

 

  f:id:nekontan:20170425051954j:plain

アフリカの砂漠で自分の人生について考える『帰ったらどうしょっかな〜』ぐらいだけどね。人生なんてEasy lifeなのです。守るべき物が無いなら、楽しんだ方が良いに決まってる。

 

  f:id:nekontan:20170425051959j:plain

ナミブ砂漠で満月を見るってのも、良いものですな。

このナミブ砂漠の夕日鑑賞の日、『出発して1年の記念すべき日』だったのです。豪華ディナーでも無く、星付きホテルでもなく、むしろ車中泊だけど、記憶に残る日でした。1ヶ月の間、日本に緊急帰国しているから、正確にはもう1ヶ月後が本当の1年記念なんだけどね。

 

では!