Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、中欧、東欧を徘徊中。

アフリカ編 南アフリカ Drakensberg (20)Malati Drakensberg Parkのレンタカー旅 Day3

http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

リアルタイムはRomaniaのBucharestの鉄道駅内のカフェ。鉄道出発まで、あと50分もある。。。

 

Drakensbergへのレンタカー旅の3日目。宿のチェックアウト後にRoyal Natal NAtional Parkに向かいます。

 

〜旅程〜
1日目 車のピックアップ→国立公園近く『Phuthaditjhada』という街に移動し宿泊。
2日目 Golden Gate Highlands National Parkを観光『Estcourt』に移動。
3日目 Royal Natal National Parkを観光し、Darban郊外の『Ballito』という町で宿泊。
4日目 ダーバン国際空港で返却。ヨハネスブルグに空路で移動。

 

朝から曇り、時に激しく雨。ついてない。。。高速道路を降りて、一般道を走行したけど、急に道の質が下がったよ。舗装道路は終了し、憎い砂利道に突入。

雨が降ってるから、車は泥だらけ。

ちなみに、Hertzに『車内が汚れてたら別途清掃料金がいる』て言われてたけど、外装は大丈夫なんよね?なんて不安になる。結果、大丈夫でした  (o'∀’o) 。

 

   f:id:nekontan:20170514132631j:plain

国立公園のエントランス。観光客は一人もいない。

入場料がいるし天気も悪いし、入っても何も見えないだろうと入らなかった。そう、ここまで来たのに入らなかった

 

良いの良いの、雨にしっとり濡れた国立公園見ているだけで十分さ。

  f:id:nekontan:20170514132643j:plain

景色的には、昨日のGolden Gateと同じ感じ。寂寞としてて、寒々しい。雨が降ってるし、天気が良ければトレッキングも楽しいと思う。

 

サクサクっと観光して、宿泊地のEstcourtに向かいます。

    f:id:nekontan:20170514134558j:plain

①Phuthaditjhaba

②Royal Natal National Park

③Estcourt こんな位置付けになります。

 

日没までに無事に目的の町に着いたんだけど、宿探しがうまくいかない。

雨の中4件ぐらいMaps.meに載ってる宿に行ってみたけど、Full、予算Overなどお断り的な所ばかりでした (;ω;) 。

泊まれなかったけど『At Home B and B』はとっても印象がよかった。上品そうな女将さんで、周囲の安宿を教えてもらえた。

 

6件目ぐらいでようやくHIT。

〜Theme and Again Bed and Breakfast〜
部屋の種類 料金(宿泊日)予約方法:ツインルーム 580RA 2017年3月 飛び込み
室内コンセント:あり
貴重品ロッカー:なし
室内冷蔵庫:あり
室内窓、電灯:あり、読書灯あり。
部屋の鍵:あり。
タオルレンタル:無料あり。
シャワー・バス:熱々ホットシャワー。バスアメニティあり。便座付き、紙あり。
ベッドのQuality:最高級。
エアコン:なし。パネルヒーターあり。
キッチン:なし。
洗濯設備:ランドリーサービスあるが、価格不明。
共用スペース:中庭あり。
Wi-Fi:あり。速度、普通。
スタッフ言語:英語。対応はAfrican女性。予想外に仕事ができる感じの珍しいタイプのAfrican。
食事:朝食は隣のレストランで提供あり。価格40-60RA程度。

  f:id:nekontan:20170514132720j:plain

     f:id:nekontan:20170514132722j:plain

洗濯用の折りたたみバケツが悲しいね。


コメント:
Estcourtは全体的に雰囲気が良いね!とは言えない町でした。郊外の高級エリアに何件かB and Bがあったけど、土曜日で満室ばかり。
有名観光地のDraensberg近くなのに不思議なぐらいド・ローカルの町。
宿は他の宿と同じくらい価格だけど、何室かあって差があるので納得するまで部屋を見せてもらってからじっくり選んだ方が良いよ。ちなみにこの宿はMaps.meにもBooking.comにも載ってません。

他には?って聞いて、このゴージャスな部屋に泊まれました。ツインと言っても、小さな部屋が2個つらなった間取りで、なんとも贅沢な宿 (´∀・`*)ノ。

ろくに観光もせず、ただ運転した1日になってしまった。翌日は、Duban付近へ帰還です。では!