Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、中欧、東欧を徘徊中。

ヨーロッパ編 イタリア Milan(5)Sforza Castle、エジプト博物館とか。

http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

リアルタイムはウクライナキエフです。帰国目前になってしまいました。ウクライナに入ってからは毎日がつ・つ・つらい。言葉がさっぱりわかりません。

 

ミラノの観光の目玉の一つ、スフォルツァ城に行ってみました。
ここ、ただの古城じゃあ無かった。。いくつもの博物館が集合した複合施設でした。

  f:id:nekontan:20170523232035j:plain

朝一番のお城、人が少なくて気持ち良い。(AM6:30)

歴史博物館、教会博物館、家具博物館、エジプト博物館、ダビンチ博物館、、、何種類もあって、たったの1日では観光するには足りないと感じました。自分の好みの博物館を選択して見学開始。

  f:id:nekontan:20170523232042j:plain

エントランス。スフォルツァ城は2回目の訪問になりました。以前もこの門の前で写真を撮ったんだけど、ただ写真を撮っただけ。。。ツアー旅行で時間が限られてて、中には入りませんでした。

  f:id:nekontan:20170523232048j:plain
内側に入ってみました。良い天気。丸い見張り塔が特徴的。スライムみたいだね。

 

チケットオフィスで何も考えずに大人1枚と伝えて入場券を購入。5€。高いって感じたけど、何箇所も博物館に入れるし、むしろ安いかも?

 

最初は彫刻博物館だったと思う。

     f:id:nekontan:20170523232124j:plain

どーんと騎馬に乗った偉い人。

     f:id:nekontan:20170523232055j:plain

ぽんっとおいてある彫刻も、細かくて素敵。

     f:id:nekontan:20170523232102j:plain
タペストリー。絵で描くのも大変だけど、布で織り上げるってもっと大変。

  f:id:nekontan:20170523232111j:plain
これ、、、ダビンチ?ラファエロ?の絵だったと思うけど忘れちゃった。

  f:id:nekontan:20170523232144j:plain

博物館あるあるの武器コーナー。こんな甲冑着て、戦うなんて相当の体力を必要とするよね。石斧から機関銃に至るまでの幅広い展示内容でした。

  f:id:nekontan:20170523232149j:plain

古城を博物館に改築しているわけで、建物みているだけでも十分、美術館レベル。

     f:id:nekontan:20170523232153j:plain

オウム貝を調度品に仕立てたもの。こんなデザインよく思いついたよね。確かに、貝殻の模様って美しい。

 

  f:id:nekontan:20170523232157j:plain

で一旦、中庭に出ました。
本日のメインイベントのエジプト博物館。各地の博物館に行っては、せっせとミイラの写真を撮るのが趣味の一つ。この写真の右側の階段を降りると入り口です。

 

〜Momia1体目〜
うーん、あまり保存状態が良くない。劣化しちゃってる。

  f:id:nekontan:20170523232204j:plain

一説には、当時の身だしなみとして用いられていた香油が、ミイラ劣化に繋がるとか、、、へ〜。

  f:id:nekontan:20170523232214j:plain
そして、小学生の課外授業とぶつかって、ミイラの前は大人気コーナーでした。動物園で例えるならパンダコーナーってところかな?

 

〜Momia2体目〜
足元の写真。

     f:id:nekontan:20170523232225j:plain

頭部の写真も撮ったんだけど、ガラスに反射してうまく写ってなかった。

  f:id:nekontan:20170523232239j:plain

足指の拡大図。当たり前の事なんですが、ミイラは生前は人間だったわけで、こういった細かい部分を観察すると、変にリアルに感じてしまう。

 

私的には、ミイラ本体同様、棺桶も好き。

  f:id:nekontan:20170523232221j:plain

  f:id:nekontan:20170523232334j:plain

こういった裏側に、死後も安らかな生活を願う遺族の思いが込められてるわけ。死者を思う気持ちは今も昔も変わらないなぁ。

     f:id:nekontan:20170523232244j:plain

バステトの石像。耳のピアスがいけてる。

ここで勉強。バステトは、家の守護者、多産、豊穣のシンボルなんだって。これまた、へ〜。

 

  f:id:nekontan:20170523232248j:plain

カノープスの壺の蓋コレクション。
ミイラ作成時に取り出した内臓を保管する専用の壺の事ね。

蓋の動物のデザインは、ファルコン、ジャッカル、バブーン、人間(だけど、立場的には神様)なんだけど、それぞれ司る人間の臓器が決まってます。

肝臓:人間の形をした神様
肺:バブーンの神様
胃:ジャッカルの神様
腸:ファルコンの神様
なんだって。へ~。面白い。

  f:id:nekontan:20170523232256j:plain

アラバスター製のカノープスの壺。
古代エジプトの死生観、面白いな~。展示のほとんどは、英語表記されてて、じっくり見て回りました。この時点で博物館を3件はしご、ちょっと疲れてきた。。。

 

ベタだけど、いつかツタンカーメンに会いたい。多分、会ったら感激して泣いちゃうだろうね。


では。