Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、中欧、東欧を徘徊中。

エクアドル編 Cuenca(4)先住民族博物館とメルカド。土器の山と肉の山。

http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

リアルタイムはボリビアのラパス。ボリビアで日本を出国してから16カ国を通過。。旅行期間が長い割には、あまり国数が増えないな。。。

 

クエンカの観光情報、その2です。今回は、先住民文化博物館(Museo de Las Culturas Aborígenes)。

 

場所は、中央銀行博物館の西200mぐらいと近接しています。

 f:id:nekontan:20161229013012j:plain

エントランス。中央銀行博物館に比べるとひっそりしてます。
ここの展示は、インカより古いPreinkaの展示がメイン。

 f:id:nekontan:20161229013022j:plain

主に、土器、金属を素材にしたものを無数に展示していありました。
英語のガイドブックが借りられます。

Preinkaなので、時代も古く土器のクオリティーは低いけど、どのアイテムも愛嬌があって好き。

 f:id:nekontan:20161229013032j:plain

これは、印鑑。古代エジプトにも、こういった印鑑があったよね。

    f:id:nekontan:20161229013043j:plain

保存状態の良い、木製の展示物。

 f:id:nekontan:20161229013052j:plain

無数に展示してあって、一つ一つ見るなんて不可能。。。


時代が進むと、技術が進化してきてデザインも凝ったものになってきます。

 f:id:nekontan:20161229013220j:plain

 f:id:nekontan:20161229013234j:plain

土器の絵付けも、より高度なものになってきます。

これ、ボゴタ国立博物館で見たものとよく似ている。

    f:id:nekontan:20161229013243j:plain

ブサ顔が良いね。

 f:id:nekontan:20161229013253j:plain

金属を加工したアイテム。。

主な展示は、2階がメイン。1階は土産物屋さんとカフェになっています。入場料2$。セントロから歩いて行ける距離です。

 

帰りに時間があったので、メルカドに行ってみました。

 f:id:nekontan:20161229013300j:plain

ここのメルカドは巨大で、そして清潔。ぱっと見はショッピングモールの様って似てないか。。。

 f:id:nekontan:20161229013309j:plain

南米のメルカドって、扱う商品によってエリアが決まっていてい、買い手はそのエリアに行けば良いので、商品を探すのに便利。

 f:id:nekontan:20161229013319j:plain

これは、お花エリア。
ここのメルカドは、清潔で『うっ。。』と感じる事が少なかった。

     f:id:nekontan:20161229013332j:plain

南米の人たちって生薬とか植物が病気を癒す力を信じています。

 f:id:nekontan:20161229013343j:plain

これは、そういったハーブとかナ生薬を販売するエリア。メルカド内に何店舗もありました。

 f:id:nekontan:20161229013412j:plain

そして、コメドール。御飯時じゃなかったので閑散としています。

 f:id:nekontan:20161229013424j:plain

見つけた豚の丸焼き。

 f:id:nekontan:20161229013429j:plain

これも、似たようなお店が並んでいます。

 f:id:nekontan:20161229013435j:plain

ジュースエリア。南米にきて、よくフルーツジュースを飲む様になりました。
もちろん、Sin Azuca, Sin Aguaで(砂糖と水は入れないで)

これが美味しいんだよね。その割にはスーパーでは、粉末のフルーツジュースの素がよく売られている。どうして、本物のフルーツジュースを飲まないのか不思議。


最後までおつきあい下さり、ありがとうございます。
ただ今のBGM 『Hankachi』SPECIAL OTHERS