読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、南米を南下中。

コスタリカ⑦ TICAバスでパナマシティに移動

コスタリカ 移動・交通
http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

リアルタイムはメキシコのグアナフアトです。

 

今日は、コスタリカサンホセからパナマシティまでTICAバスで移動した情報をアップします。ずーっとローカル移動で頑張ってきたのに、最後の越境でとうとう国際バスを使ってしまいました。理由はただ一つ。

パナマ入国時に出国証明(飛行機、バス、船のチケット)提示が必要だからです。面倒だから、TICAで往復でチケットを購入してしまいました。

正直な感想ですが、『TICAで越境なんて二度とするもんか』です。今になって思うと、ローカルバスで刻んでいけば良かったと激しく後悔です。

 大まかなルートはこんな感じ。Paso Canoasで越境です。

f:id:nekontan:20160723055343j:plain

悪名高いCoca colaの近く(正確にはCoca cola地区外です)にあるTICAバスターミナルですが、治安は日中ならそれほど神経質になる必要は無さそう。ただ、日没後に一気に雰囲気が変わるので要注意。

   f:id:nekontan:20160723051040j:plain

f:id:nekontan:20160723051114j:plain

TICAバスターミナル外観。ホテルも併設されているので、深夜早朝便の場合は、利用すれば良いと思う。

 

前日にターミナルの窓口で往復を購入しました。TICAの受付の兄さんの愛想の無いこと無いこと。。。黙っているとFirst classの高い方のチケットを売りつけられるので、ここはきっちり『Tourisuta, por favor』と言いましょう。

      f:id:nekontan:20160723051058j:plain

下のオレンジの紙は荷物の引換券です。無くさないようにね。

出発の30分前に来て、チェックインと荷物の預け入れ、出国税の支払いを先に終了させます。

      f:id:nekontan:20160723051049j:plain

待合にはちょっとした売店と自販機がありますが、Tourista classは食事が無い食料を買い込んでから乗車しました。ちなにも、バスターミナルの近くはきちんとしたTIENDAは少ないよ。

   f:id:nekontan:20160723051043j:plain

併設ホテルのWi-Fiのパスワードです。

      f:id:nekontan:20160723051046j:plain

陸路の場合のコスタリカ国税は8$、支払い証明はボーダーで必要なので、これも無くさないように。

   f:id:nekontan:20160723051052j:plain

バスの外観。普通の観光バス。

      f:id:nekontan:20160723051054j:plain

乗車時にコスタリカ出国カードがもらえます。座席は70%ぐらい埋まってました。途中、どこかのサービスエリアで30分休憩。運転手の食事休憩なんだけど、顧客もなんだかんだでみんなご飯を食べてた。

   f:id:nekontan:20160723051107j:plain

コスタリカ出国はスムーズ。出国税払い済みのレシートを見せて終了。

ここから乗客の足並みが悪くなってきます。

   f:id:nekontan:20160723051110j:plain

パナマ入国審査もスムーズ。案の定、出国の証明を見せろ〜って言われたので、TICAの復路のチケットを見せてあっさり終了。

問題は、手荷物検査律速段階はココ!

税関証明の書き方も説明してくれるのですが、スペイン語オンリー。さっぱりですわ。

書き直しになっちゃいました。そして、疲労困憊で写真を撮る気力も無かったみたいで、1枚も写真無し。

      f:id:nekontan:20160723051104j:plain

エボラ換気の検疫のポスター。こういうのは気になって写真を残している。

一度、バスから全部のスーツケースを出して、個室に移動して、税関の書類を書いて、各人ん荷物の中身をチェックして。。。もう一度バスにのっけて。。。というプロセスで1時間40分はかかった。(←タイマーをセットして確認した私は暇人。)

 

San Joseからパナマシティまでは正確にはダイレクトではありません。Davidで降りる人が何人かいました。バスは1時間遅れの早朝3時頃にPanama cityに到着です。

   f:id:nekontan:20160723054546j:plain

夜が明けるまで少し、バスターミナルで仮眠です。

      f:id:nekontan:20160723054548j:plain

早朝だけど明るいし、警備員もうろうろているので、バスターミナル泊にトライです。

ですが、寝転んだ途端に、警備員に注意されてしまいました。多分、無防備だからだと思う。しょうがないので、座ったままでウトウトです。

夜が明けてからの宿のチェックインとなりました。

 

〜San Jose→Panama city〜

乗車場所:TICAバスターミナル。

降車場所:Albrookバスターミナル

所要時間、料金:14時間 Tourist class84$(8904円)ありえないぐらい高い。

 

長所

・時間はかかるが、面倒なバスを調べたり、料金を調べたりという手間が省ける。

気付いた長所はこの1点のみ。特にSan Joseはバス会社毎にターミナルが別だから、よっぽど頑張らないと安いバス会社は見つからないと思う。

 

歩いて探すたって、Coca cola地区の中にもバス会社はあるので、刻んで行く方法は早々と諦めました。Coca cola地区は絶対に入りたく無いね。

 

短所 いっぱいありすぎ。

・座席が狭い。国際バスでこのレベルとは。

・車内の温度が一定しない。暑くなったり、寒くなったり。更年期か?

・越境を乗客全員で行うので時間がかかる。往路は1時間40分。

Wi-Fiコスタリカ国内のみ利用可。それも都市部通過中のみ。田舎ではWi-Fi使えません。

・越境時の手荷物検査に時間がかかる。

 

もし次があるなら?を想定して改善策を考えてみました。

Paso canoasまでバスで行って、自分で越境。越境後にPanama cityまたはDabid行きのバスを捕まえる。この方法なら、Paso canoasかDavidで一泊になると思います。

Panaline社を利用するかと、ボーダーで何台もバスを見かけました。

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございます。

ただ今のBGM 『雷鳴』スコールがすごい。