Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、中欧、東欧を徘徊中。

アフリカ編 南アフリカ (21)Durbanからのレンタカー旅 Day3-2 Ballitoや宿の情報です。

http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

リアルタイムはRomaniaのBrasov。私、この町好き!って実感。昔、PolandのKrakowに行った時と同じ感覚です。KrakowもBest3に入るぐらい大好きな町です。今回は、行かないけど。。。

 

Drakensbergへのレンタカー旅の3日目。Royal Natal National Parkを観光し、Durban郊外のBallitoという町に移動しました。

 

〜旅程〜
1日目 車のピックアップ→国立公園近く『Phuthaditjhada』という街に移動し宿泊。

    町名の発音がさっぱりわからん(´○`)?。
2日目 Golden Gate Highlands National Parkを観光『Estcourt』に移動。
3日目 Royal Natal National Parkを観光し、Darban郊外の『Ballito』という町で宿泊。
4日目 ダーバン国際空港で返却。ヨハネスブルグに空路で移動。

 

     f:id:nekontan:20170514234755j:plain

Billitoという町は、この辺。Durbanの北30Kmって所かな。真ん中の空港が実質、ダーバンの国際空港King Shaka Airportです。

 

 

  f:id:nekontan:20170514233758j:plain

これ、Billitoの町のビーチサイド。ずーっと遊歩道が整備されてて、素敵。物乞いも、怪しい人物も全然いません。南アなの?ってぐらい黒人を見かけない...(´ ’ω' ) 

 

    f:id:nekontan:20170514233807j:plain

散歩している人も白人ばかりでした。アパルトヘイトが関連しているのかな?

  f:id:nekontan:20170514233813j:plain

波が高い!危なくて泳げない。岩だらけだしね。

 

Durbanでの最後の夜。そして、翌日にはヨハネスブルグに移動。おそらく、今夜の夕飯が最後の晩餐になるでしょう、ってことで夕飯は奮発。

 

   f:id:nekontan:20170514233816j:plain

シーフードを食べにThe Galleyというレストランにやってきました。Maps.meに載ってます。ちょっと怪しいお店に見えるけど照明の関係で、実際はもっと健康的な店です。

  f:id:nekontan:20170514233820j:plain

お客さんは観光客か白人ばかり。。。

最後の晩餐なので、贅沢に飲み食いしました。

     f:id:nekontan:20170514233821j:plain

ナミビアのスワコップムンドの生牡蠣のうまさよもう一度って事で生牡蠣を注文。

 

各自1個ずつという、しみったれたオーダー。生牡蠣2個じゃ、どうやっても豪華に見えないよね。味は、、、私はNGでした。生臭くて無理無理〜。

  f:id:nekontan:20170514233823j:plain

戦友が注文したイカの4種盛り。調理方法の違う4種類のイカ料理の盛り合わせ。これが、最高にうまい (*´∀`*)!イカってこんなに美味しいの?ってぐらい。身が柔らかくて、全然臭みがない新鮮なイカ。ソースも絶品。写真中央がレモンバターのソースだったんだけど、日本に帰ってもチャレンジしたいソースです。(簡単そうだしね。)

 

  f:id:nekontan:20170514233824j:plain

私が注文したムール貝のホワイトソース煮込み。つーか実際は煮込みじゃなくて、蒸したムール貝にホワイトソースをかけてあった。貝類苦手なのに、なんでこれ注文したのか自分でも謎。多分『ホワイトソース』に惹かれたんだと思う。

アフリカでホワイトソースなんて、まずお目にかかれないからね。このホワイトソースが、これまたうまい (*´u`*)!生牡蠣以外は、アフリカで食べた最高の味でした。いくらぐらいだったのかあやふや。3000円ぐらいだったと思う。

 

げふー状態で宿に戻り就寝。明日は9時過ぎの飛行機なので、早起き必至だからね。最後にBallitoで利用した宿の紹介です。

 

〜Villa Jaime Self Catering〜
部屋の種類 料金(宿泊日)予約方法: ダブル1室 550RA 2017年3月 飛び込み
室内コンセント: あり。
貴重品ロッカー: 無し。
室内冷蔵庫: あり。
室内窓、電灯: あり、読書灯あり。
部屋の鍵: あり。
タオルレンタル: 無料で数枚あり。
シャワー・バス: 熱々ホットシャワー、便座り、紙あり。石鹸付き。
ベッドのQuality: 柔らかすぎて腰痛になった。
エアコン: 天井ファンと大型扇風機あり。
キッチン: ミニキッチン付き。コンロ、電気ポット、電子レンジがあるので、手の込んだ料理もできそう。
洗濯設備:洗面台で手洗い可能。
共用スペース: ほぼ居室内だけど部屋が広くて快適。ダイニングテーブルもあるし、居室内でもくつろげるレベル。
Wi-Fi: あり。速度普通。
スタッフ言語: 英語。
食事: 提供無し。

  f:id:nekontan:20170514233735j:plain

  f:id:nekontan:20170514233731j:plain

  f:id:nekontan:20170514233733j:plain
コメント:
色んなB and Bに止まったけど、ここの宿はアフリカ1-2を争う。オーナー夫妻はとっても気さくな人柄でした。

住人と顧客の居住エリアが、きちんと分けられてました。他の客とも顔合わせしないように部屋への通路も別々に間仕切りされてたりと、気遣いも完璧。プライバシーが守られててくつろげる。


事前にBooking.comで40%Offの価格をチェックしていたので、未予約だっけど値引きの価格で泊まらせてくれた。柔軟な対応にも満足。
オーナー夫婦もが『Like a zoo』というぐらい、超大型犬2匹、猫2匹、鳥たくさんなので動物が苦手な人は辛いかも。とはいっても部屋に入ってきたりなんかしないので、チェックインの時だけ、クリアすれば大きなトラブルは無いと思う。
ビーチまで徒歩5分、早起きすれば最高の日の出がみられます。
周囲の治安もDurbanに比べれば数倍良いと思います。夜間の外出はしなかったけど、夕方、日没頃の散歩程度ならできると思います。

唯一の欠点は公共交通機関を利用してアクセスできるかどうか不明。レンタカー借りるなら、Durbanを離れてここでのんびりするのも良いと思います。宿泊費が高くつくけどね。

では。