読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、南米を南下中。

海外での貴重品やお金の持ち方

安全管理
http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

f:id:nekontan:20151226004435p:plain

過去の海外旅行中は、お金は財布に入れてバックの中にいれいてました。

これ書いたら、多くの旅人はえーって思うと思います。

自分も最低だなーと思いますもん。
腹巻用、首下げタイプの貴重品袋なんて使ったことないです。
被害経験はゼロで、一度だけスリ未遂があっただけです。未遂なので、実際に奴がスリだったのかも不明ですが。

 

10万程度の現金を日本の空港で両替、必要な分だけ財布に入れて、残りのお金はホテルのセーフティーボックスに預けて外出していました。
これは今までの短期のヨーロッパ旅行での話です。
今後は、中米、南米も旅先に考えているのでこれではだめです。

相手が誰なのかによって、安全対策への本気具合が変わってきます。

①コソ泥やすり
マネーベルトは非常に役に立つと思う。
相手の手口としては、ポケットをさぐったり、肩掛けバックやサブザックを狙う程度なので。
バルセロナに旅行に行った時に、フロントの人に「スリは必ずいる、どこにでもいる。ただ仕事をしているかどうかの違いね」
と言われて、変に納得したことがあります。

②強盗
本気の人たちです。マネーベルトの存在を知っています。マネーベルトと足首財布を両方準備するつもりです。
この人たちに狙われたら身ぐるみ剥がされるでしょう。
スリと違ってどこにでも居るというわけではありません。強盗に会うかどうかは運次第という面もりますが、遭遇率を低くすることはできます。


居そうな場所、治安の悪い所を情報収集して近寄らないようにしましょう。

次回は何を守るのかという、貴重品具合ごとに対策を練っていきたいと思います。

 

★今日のまとめ★

盗難対策に、マネーベルトや足首財布は必要です。

 

f:id:nekontan:20151226004435p:plain