読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、南米を南下中。

パイヒア4日目 ラッセル観光。

ニュージーランド
http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

パイヒア滞在も移動日をのけると今日が最後になります。

パイヒアから船で20分ほどの、対岸にラッセルという街があるので行ってきました。
歴史的に重要な街なので、最終日はラッセルの観光をしようもともと考えていました、、、なのに、雨なんです。降水確率100%です。

ちょっと小降りになるまで、部屋で時間を潰してから外出です。

   f:id:nekontan:20160416155024j:plain

モーテルから船着場まで300mぐらい、あっと言う間に到着です。

   f:id:nekontan:20160416155133j:plain

往復12N$のチケットを購入。船は3種類あって、どれも値段は同じ。
時間は船の大きさにもよるけど、だいたい20分ぐらいかな。

写真見て、今頃気づいたけど、レンズに雨で濡れています。
こんなことしてたら、故障してもおかしくないですね。

   f:id:nekontan:20160416155323j:plain

   f:id:nekontan:20160416155556j:plain

往路の船は釣り船に座席をのっけた感じの船。いわゆるポンポン船みたいな感じ。
天気は悪いけど、風がなかったので揺れることもなく到着です。

      f:id:nekontan:20160416155700j:plain

ラセッルの街並みです。パイヒアより、静か。そして、ビクトリア様式で統一されています。観光客も少なく、ひっそりしています。
そういえば、北島に移動してきて、アジア系(特に人口10億の国の人たち)をすっかりみかけなくなりました。見かけるのですが、数が少なくなっています。
ニュージーランドの観光のメインはやはり南島なのでしょうか。

   f:id:nekontan:20160417113640j:plain

   f:id:nekontan:20160417113710j:plain

公園があったり、捕鯨船が展示してあったり。

   f:id:nekontan:20160417113743j:plain

ラッセル観光の一番の目的は博物館です。キャプテンクックが乗っていたという、エンデバー号という帆船の1/5サイズの模型が展示しているとのこと。おもしろそうですね。

   f:id:nekontan:20160417113749j:plain

入場料10N$です。濡れたカッパと傘は、受付のおばあちゃんが預かってくれました。
他のお客さんはカッパのまま見学しています。写真撮影は残念ながら禁止です。

ラッセルはニュージーランドの最初の首都だったそうで、ここの博物館も街がどのように発展してきたのか詳しく紹介していました。
パソコンに古い写真を取り込み、一人一人名前をチェックして整理しています。
ニュージーランドの人達は、どの街の人々も自分たちの祖先やルーツを大切にしています。もし日本だったらと想像してみました。


古いとはいえ一個人の写真をWebに乗せて(これならだけならOK)、名前と撮影が行われた日付を載せるなんて考えられません。個人情報がどうのこうのと言われそうです。
そして、博物館の売りのエンデバー号の模型ですが、第一印象は『小さいな』です。
こんな小さな船で、よく太平洋を渡ったものですね。
他にも、アンティークを保管・展示してあったり、航海に使う機器を展示してあったりと、小さいながらも充実した内容でした。

   f:id:nekontan:20160417113924j:plain

博物館を後にして、数メートル離れた所にある、ニュージーランド最古の教会に行ってみました。

   f:id:nekontan:20160417114004j:plain

クライスト教会というらしい。

   f:id:nekontan:20160417114052j:plain

   f:id:nekontan:20160417114115j:plain

質素な教会で、好感が持てますね。

   f:id:nekontan:20160417114146j:plain

教会の敷地には、苔むしたお墓がありました。
日本のお墓は、どれも似た様な形ですが(最近はバラエティ豊かになってきてますね。)、ニュージーランドのは形も大きさもバラバラです。
お墓みるのも、異文化を感じられて楽しいです。(←不謹慎ですね。。反省。)
ただ、墓標には『最愛の妻〇〇』とか『偉大な父〇〇』とか、個人の名前だけでなく家族の名前も彫られています。
日本では、建立した人の名前はのせますが、最愛のとか偉大なといった形容詞はつけませんね。自分達の感情や気持ちを素直に出すかどうかという国民性の違いですね。
お墓論は置いておいて、町歩きに戻りましょう。

   f:id:nekontan:20160417114226j:plain

天気はあいにくですが、海にはヨットが何隻も浮かんでいて、やはりリゾート感がありますね。

   f:id:nekontan:20160417114301j:plain

   f:id:nekontan:20160417114304j:plain

海沿いを待ちから離れていくと、ポンパリエがあります。
このポンパリエという建物は、宣教師の人の家だったみたいですね。
印刷業も手がけていたそうで、印刷体験もできるみたいです。(←私は入らなかったので、わかりません。)ポンパリエもラッセルの見所の一つです。
効率よく回るミニツアーも、観光案内所で申し込ます。

   f:id:nekontan:20160417114434j:plain

天気が良ければ展望台に行ってみたり、岬まで足を伸ばしたかったのですが豪雨になってきました。

    f:id:nekontan:20160417114508j:plain

   f:id:nekontan:20160417114512j:plain

帰りの船はこんな感じ。ポンポン船より、もっとしっかりした船です。

   f:id:nekontan:20160417114548j:plain


ラッセルは海辺のリゾートだけあって、シーフードがおいしいようです。
メインストリート沿いには、シーフードレストランがたくさんならんでいます。
前日のCape Reinga観光で食べ損ねたFish and chipsを食べることに。。。

   f:id:nekontan:20160417114637j:plain

他のシーフードレストランより格安で(1Fish+1Chips)9N$です。

   f:id:nekontan:20160417114659j:plain

   f:id:nekontan:20160417114706j:plain

1/2Chipsでも十分だったと思われる量です。
魚は3種類ありましたが、よくわからないので変更せずにデフォルトの魚のままにしておきました。待つこと10分。皿のかわりに紙でくるまれた品が登場です。

揚げたてで美味しい。魚臭さも全然なくて、うまい!!
ですが、量が多い。そして、代わり映えしない塩味に飽きてきます。

追加で、マヨネーズかケチャップを頼めばよかった。
普段、脂っこいものは食べないので、胃もたれが翌日まで続きました。。。

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
ただいまのBGM パトカーのサイレン。
オークランドのクイーンストリート沿いのバッパー宿で、周囲から奇声が上がっています。今日は、金曜日なのでみんな飲んで騒いでいるのです。