読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stairs to the world

41歳のMiddle ageの女性の旅行記。現在、南米を南下中。

Washington,DC ワシントン4日目-2 ナショナルギャラリー

アメリカ
http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://d.haten/

ウドバーハージーセンターから昼過ぎにはワシントン市内に帰ってきました。時間もあるので、次にナショナルギャラリーに行ってみる事に。
自分でも思うけど、本当に欲張りすぎだと思う。

ワシントンは5泊するけど、それでも時間が足りない。結局、ホワイトハウスなんて外観すら見ていない。

 

美術はまーったくわからない人間なのですが、ダビンチの作品があるので行く事にしたのです。旅先でダビンチがあるという情報をゲットすると見に行っていたので、今回もチャレンジです。

 

2016年5月現在、正面入り口は閉鎖中で西側の1階部分から入ります。
手荷物検査の後に、リュックはクロークに預けて身軽になって見学です。

1階は彫刻部門になっています。

      f:id:nekontan:20160515215926j:plain

こんな素晴らしい彫刻を眺めても、、、

      f:id:nekontan:20160515215928j:plain

私には『何ですか~』のジャスチャーにしか見えないのです。

   f:id:nekontan:20160515215935j:plain

どちらかというと、こんな『わんこ』だか、『狛犬』だかの方が味があって好きです。美術品というより博物館の展示みたいでしょ?

   f:id:nekontan:20160515215937j:plain

途中で出会ったルーベンスの絵画。これはすごかったね。光の使い方が上手。
どの美術館に行っても、ルーベンスの絵って素人にもわかるもん。やっぱり、才能があるんだね。

   f:id:nekontan:20160515215938j:plain

中央の回廊です。ゴージャスな大理石の巨大な柱が何本も。。豪華。

スタスタ歩きでサクサク進みますが、時々、素人の私にも気になる作品に出会います。

   f:id:nekontan:20160515215940j:plain

これは、アメリカンバッファローが描かれている風景画。

印象派のコーナーです。

      f:id:nekontan:20160515215942j:plain

有名な絵、ルノアールでしたっけ?パリのオルセーでも、他の日傘シリーズを見ましたっけ。

      f:id:nekontan:20160515215944j:plain

これも有名な絵。画家名、失念。

   f:id:nekontan:20160515215945j:plain

モネ?

   f:id:nekontan:20160515215947j:plain

   f:id:nekontan:20160515215952j:plain

これは自信あり、スーラって人の作品です。中学の時に美術の教科書で、点描の画風を見ておどろいたもんね。

      f:id:nekontan:20160515215954j:plain

そして、『何ですか~(再)』。

      f:id:nekontan:20160515215956j:plain

しかも、この像の表情が良い!!彫刻って、無表情が多い(ような気がする)けど。この子の生き生きとした、いたずら好きそうな表情が良いね。

そして、ダビンチの作品。

      f:id:nekontan:20160515215959j:plain

これも、無表情ですね。ダビンチの作品って、意味深な表情の人が多い(ような気がする)けど、この女性もそうですね。

 

そして、大好きなラファエロの作品も数点、展示されていました。

      f:id:nekontan:20160515220001j:plain

表情が柔らかくて良いですね。愚か者の私は、幼いキリストの頭髪が気になります。

      f:id:nekontan:20160515220003j:plain

これもラファエロ

      f:id:nekontan:20160515220133j:plain

美術オンチの私でも、コレクションの凄さはわかりました。美術鑑賞が好きな方はおすすめだと思いますよ。

 

今回も、最後までお読みくださりありがとうございます。
ただ今のBGM 『1000の言葉』倖田來未